自由でたのしい毎日

引き寄せの法則をかんたんに、おもしろおかしくやってみる方法を書いています。(旧引いたタロットカード解釈します)

【引き寄せの法則Q&A】叶うけれどルートがナナメ上すぎるのはどうして?

 

f:id:kaishaku01:20190712093700j:plain

さそりちゃん、こんにちは。楽しく明るくわかりやすい引き寄せの法則を教えてくださってありがとうございます! 引き | Peing -質問箱-

回答

ナナメ上になっている例に共通しているのは「他人の事情」なのじゃー。他人はコントロールできないから、そこはお主のせいではないからどうにもできん。ただもし対策があるとすれば、例えば食べ物が欲しいと願う時と、夫が優しくなってほしいと願う時、感情に違いはないのかのう。そこにヒントがあると思うのじゃー。

 

引き寄せの法則があっても他人が自分の思い通りや自分の機嫌を損ねないように動いてもらうようにコントロールすることはできません。

それは大前提としつつ、もし「食べ物以外必ず問題が起きてから叶う」という状態について何が起きてしまっているのかを考えてみました。

 

あくまで想像なので検討違いだったらご本人にコメント欄などでフォローしていただけたらと思うのですが 、「食べ物がほしい」と思う時の気持ちと「旦那に優しくなってほしい」「あの枝が危ない」「会合に行きたくない」と思う時の感情に違いがあるんじゃないかな?と考えています。

 

引き寄せの法則は感情が引力です。

欲しいものをイメージした時に何の抵抗も不安もなく純粋に手に入ることがイメージできて良い気分になれば、スムーズに手に入れることができます。

「食べ物がほしい」と考える時、日本にお住まいで普通に働いている大人なら何の抵抗も不安もなく楽しみな気持ちで考えられると思うんですね。

食べ物が手に入ることが当たり前だから、スムーズに何の問題もなく手に入る。

 

欲しいものをイメージした時に「本当に手に入るのかな?」とか「どうせ無理だろうな」という抵抗や不安があって嫌な気分になれば、なかなか手に入らず不安が続いたり、ナナメ上の経緯から手に入ることがあります。

つまり「危ない枝を切ること」や「旦那さんが優しくなること」について自分の中では「叶うかどうかわからずいつも不安」な状態だったのではないでしょうか。

不安があるから叶うものの手放しでは喜べない不安の残る状態だったりもする。

 

ただ、遺産も危ない枝も旦那さんの不倫も車の故障も別に質問者の方の問題じゃないですよね。たまたま他人やモノが問題を起こしていて、それと自分の願いが叶うことが重なっただけというか。

心からラッキーとは思えないかと思いますが、そもそも不安があって当たり前の状態の中自分の願うほうにコトが進んだのは十分引き寄せを上手に活用されているんじゃないかなと思いました。

 

なのであまり叶うことに完璧を求めず、結果オーライくらいで気楽にとらえて引き寄せの世界を楽しんでもらえたらいいなと思っています。

 

面白い!と思っていただけたら、ぽちっと応援お願いいたします! 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村

 

おしらせ 

★引き寄せの法則に関するお仕事のご依頼はこちらをご覧ください

お仕事情報 - 自由でたのしい毎日

 

★はじめましての方はこちらも読んでみてください

おすすめ記事一覧 - 自由でたのしい毎日

引き寄せ系読書感想-サラとソロモン カテゴリーの記事一覧 - 自由でたのしい毎日

はじめての引き寄せの法則、電子書籍公開しました - 自由でたのしい毎日

 

★このブログの記事や引き寄せ、タロット等ご質問はこちらまで

peing.net

(コメント欄やメールでは質問を受け付けておりません)

 

 単行本出ました!

おつぼね! ! !

おつぼね! ! !

 

 

意識しなくても望んだものを引き寄せる体質になる練習法を7つ書きました

引き寄せ体質になる練習: 「気がついたら叶っていた!」が当たり前になる

引き寄せ体質になる練習: 「気がついたら叶っていた!」が当たり前になる

 

 

「 私にはできない」から、「私ならできる!」に変われる方法をまとめました