自由でたのしい毎日

引き寄せの法則をかんたんに、おもしろおかしくやってみる方法を書いています。(旧引いたタロットカード解釈します)

嫌なことや望まないことは起きなくなるの?

 

近い回答になりそうなご質問をいただいたのでまとめて詳細を!

 

今日は久しぶりにカフェでゆっくりブログを更新しています。ゆっくりというか、もう今日はゆっくりしたる!!!と思って、でかけてきました。

私は今仕事で各方面への調整・連絡がメインになってしまっているのですが、私はそういう調整よりも黙々と目の前の作業に没頭することが好きだなあと改めて感じました。

「嫌だな」と感じる経験があるからこそ「私はこれが好き!今後はこうなれるように変えて行こう!」と思えるのが、エイブラハムの本に書いてある「コントラスト」というものですね。

白があるから黒が引き立つように、嫌なことを経験するから好きなことや理想が明確に浮かび上がる。

 

嫌なことが「好転反応」と言われるのは引き寄せの法則を活用する考え方のひとつで、「嫌なことがあったけど良いことが起きるために必要なことだ!」と考えて安心できるのであれば、それで良いのだと思います。

嫌なことがあってもネガティブになりすぎず安心するための考え方のひとつということですね。

でも「好転反応」と言われても納得できなかったり、本当にそうなの?と信じられない・受け入れられないなら無理にそう捉える必要はありません。

 

私はアトピーのせいで色々な詐欺っぽい化粧品の営業にあっているんですが、その時に必ず「荒れることもあるかもしれないけど、それは毒素が出ている好転反応だから」と言われていたので、「好転反応」という言葉をいまいち信用できません…。

サンプルもよこさずステロイドの副作用で脅し何万円もする謎の化粧品小瓶をアトピーという弱みにつけこんで売りつけようとする人は全員詐欺だと思うようにしています。サンプルくれたら使うし、それで肌に合うと思えば買うのに…。

 

ところで『毒素『についてはこちらの本を読むと面白いのでおすすめ。

呪われ女子に、なっていませんか? 本当は恐ろしい子宮系スピリチュアル

呪われ女子に、なっていませんか? 本当は恐ろしい子宮系スピリチュアル

 

  

ご質問いただいたように、いくら自分がいい気分でいても望まないことは起きます。

世界は自分以外に70億人くらいいるので毎日生きているうえで他人が絡むゆえに望まないことが起きてもしょうがないし、残念ながら全てを自分の思い通りには動かせないのはしょうがないと思っています。

 

私、この前まさにご質問のようなことを経験しました。

夫がロードバイクでサイクリングにでかけたいというので、私は息子とドラゴンボール超ブロリーの映画を見に行きました。もちろんドラゴンボール大好きな私と息子は4DXで鑑賞。

映画館に入り上映の時間になったので夫にひとこと「今から機内モードにするね」とLINEを送りスマホをカバンにしまいました。

映画はひとことで言えば「最の高」で、息子とランチをしながら映画の話でも楽しもうと思いながら上映終了後に映画館を出てスマホの機内モードをオフにするとLINEの通知が。

夫から「チャリでこけて骨折して救急車で運ばれた」というLINEが…。

しかも私が機内モードにした1分後に「骨折した」というLINEが届いていたのです。

おおあわてで帰宅して保険証をもって病院にかけつけました。

映画の間気付けず大怪我した状態の夫を2時間以上ほっといてしまったことへの罪悪感がありつつも「なぜ…なぜにこのタイミング…」という気持ちも…。

ドラゴンボールの映画を超楽しんで、引き寄せで言えば「超楽しい」ということを引き寄せる感情でしかなかったのに、映画終わってスマホ開いたら夫骨折の連絡。私が感じたのはただただ不安と心配と罪悪感でした。

(ちなみに夫は今はすっかり元気です)

 

じゃあ夫の骨折って私が引き寄せたのでしょうか?

違いますよね。

そこに因果関係はまったくありません。

あるとすれば夫にしがみついてでも「自転車乗らないで一緒に映画見ようよぉぉぉお!」ってやっていたら骨折を避けられたかも?くらいでしょうか…

でもそんなの未来に何が起きるかを知っていないとできません(笑)

 

基本的に「嫌なこと」は引き寄せをいくら知っていても理解していてもなくなりません。どんなに自分は車を安全運転をしていても、貰い事故をしてしまうことだってある。

 

大事なのは「嫌なことが起きませんように」と思うことではなく、「嫌なことがあっても乗り越えられる自分」になることだと思っています。

その一歩が「嫌なことはどうにもならないこともある」と良い意味で諦めておくことじゃないのかなと思っています。

もちろん、自分次第で避けられることなら我慢や無理せず避けましょう(笑) 

 

雨が降りませんよう毎日晴れますようにと祈るより、雨の日のためにお気に入りの傘と長靴を用意して雨の憂鬱を乗り切ろうとするような感じかな。

 

嫌なことがあっても自分は乗り越えられると思えるようになれば、「嫌なことが起きたらどうしよう」という気分より「嫌なことがあっても何とかなる」という気分になるので、感情としては「安心」を感じている時間のほうが多くなるでしょう。

なので、目の前で嫌なことが起きてしまったとしても、引き寄せることも最終的には「安心」に繋がることになりますよ。

 

面白い!と思っていただけたら、ぽちっと応援お願いいたします! 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村

 

おしらせ 

★引き寄せの法則に関するお仕事のご依頼はこちらをご覧ください

お仕事情報 - 自由でたのしい毎日

 

★はじめましての方はこちらも読んでみてください

おすすめ記事一覧 - 自由でたのしい毎日

引き寄せ系読書感想-サラとソロモン カテゴリーの記事一覧 - 自由でたのしい毎日

はじめての引き寄せの法則、電子書籍公開しました - 自由でたのしい毎日

 

★このブログの記事や引き寄せ、タロット等ご質問はこちらまで

peing.net

(コメント欄やメールでは質問を受け付けておりません)

  

意識しなくても望んだものを引き寄せる体質になる練習法を7つ書きました

引き寄せ体質になる練習: 「気がついたら叶っていた!」が当たり前になる

引き寄せ体質になる練習: 「気がついたら叶っていた!」が当たり前になる

 

 

「 私にはできない」から、「私ならできる!」に変われる方法をまとめました