自由でたのしい毎日

引き寄せの法則をかんたんに、おもしろおかしくやってみる方法を書いています。(旧引いたタロットカード解釈します)

できる証拠探しモード 完結編

 

  1. できない証拠探しモード - 自由でたのしい毎日
  2. できる証拠探しモード - 自由でたのしい毎日
  3. できる証拠探しモード その2 - 自由でたのしい毎日
  4. できる証拠探しモード その3 - 自由でたのしい毎日

続きです!

 

セブ島英語留学の件、結論から言えば採用をしていただいたのですが辞退することにしました。

 

応募した翌朝には採用のご連絡をいただき、留学先のご担当者様もとても親切でますます行くことが楽しみになりどんな風にPRをしていこうか考えて、計画を立てていました。

 

私が一ヶ月不在になるということは、現実的に夫以外にも義両親に負担がかかります。

一ヶ月英語留学すると言えば快く「いっておいで」と言ってくださるような方ですが、最近、義父さんが足を怪我してしまいました。

大した怪我ではないのですが、70歳という年齢を考えると回復に不安もあるし、育ち盛りですばしっこくパワー有り余る男児を預けていくことはさすがに心配です…。

「何とかなる!」と楽観視しようとするよりも、「今回のチャンスが最後じゃない。行きたいと思えばまたチャンスはある。申し訳ないけれど辞退させていただこう」と思ったほうが気持ちが楽でした。

 

本当に、留学先のご担当者様が親切で申し訳ない気持ちでいっぱいです…

自分から応募したのに結局は辞退することになってしまい…

 

結果として、今回は無理をしてまでセブ島に行くことはしたくないと決断することとなりました。

 

今回、「できない証拠探し」から「できる証拠探し」にシフトチェンジすることで、最初は「私には無理だろう」と思っていたことがトントン拍子に「私にもできるかも」という方向に流れていきました。

留学する資金のためにちょうどいい金額が稼げるバイトがこのタイミングで見つかるところもまた引き寄せっぽくて面白いなあ…とか。

なかなか一週間だけって見つからないんですよね。年度末の繁忙期だったからかも?

 

現実的には私が勝手に「無理だろう」と考えていただけで、ちょっと調べてみれば航空賃がお手頃だったり、家族に相談すれば「いってみれば」と軽く言われてしまうしで、もとから行ける状態だったのに、勝手に「私には無理」と決めつけていたんですよね。

 

引き寄せでもなんでもなく、ただただ私が勝手に「無理」と思い込んで自ら可能性を閉ざしていただけ。

チャンスは目の前にたくさん転がっていたのに、スルーし続けていただけ。

 

少しでも「できる証拠探し」に気持ちや視点をシフトすることによって、できそうな証拠がどんどん見つかったのは面白い体験でした。

 

結果的には辞退することになってしまいましたが、この経験から「行こうと思えばいつでも行けそう」と思えたのは良かったと思います。

 

子供が小かろうが、自分がやりたいことをやりたいと主張し行動することは制限する必要はないと思っています。

ただ自分にはまだまだ「子供を置いて周りに負担をかけてまで今すぐやるべきかどうか」ということは、大きな壁になっているんだなと実感しました。

 

 

 

面白い!と思っていただけたら、ぽちっと応援お願いいたします! 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村



 

おしらせ 

★引き寄せの法則に関するお仕事のご依頼はこちらをご覧ください

お仕事情報 - 自由でたのしい毎日

 

★ロードバイクとおいしいものはLINEブログで書いてます

あゆお Powered by LINE

 

★引き寄せの法則を語るラジオをはじめました

あゆおとまきおの自由で楽しいバラ色の日々 - YouTube

 

★はじめましての方はこちらも読んでみてください

おすすめ記事一覧 - 自由でたのしい毎日

引き寄せ系読書感想-サラとソロモン カテゴリーの記事一覧 - 自由でたのしい毎日

はじめての引き寄せの法則、電子書籍公開しました - 自由でたのしい毎日

 

★このブログの記事や引き寄せ、タロット等ご質問はこちらまで

あゆお | ask.fm/ayuo_1

(コメント欄やメールでは質問を受け付けておりません)

 

 単行本出ました!

おつぼね! ! !

おつぼね! ! !

 

 

「 私にはできない」から、「私ならできる!」に変われる方法をまとめました