読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由でたのしい毎日

引き寄せの法則をかんたんに、おもしろおかしくやってみる方法を書いています。(旧引いたタロットカード解釈します)

願いを叶えたいのにネックになっている思考が変わった話 後編

引き寄せの法則 引き寄せの法則-コツ

 

願いを叶えたいのにネックになっている思考が変わった話 前編 - 自由でたのしい毎日

 

後編です。

前編では「働かないと生活に困る」という思考が強くどうしても会社を辞めることに抵抗のあった私が、現実的に家計がどうであるかを確認することで「あれ、意外と辞めてもやっていけるのでは?」と感じて気持ちがラクになり、前向きに「会社を辞めても大丈夫!」という気持ちになれたのに、再び夫に「働かないと子供のこれからの学費に困る」等の現実を突きつけられ、「やっぱり会社を辞めることは難しいんだ…」という気持ちになってしまいました。

 

でも私は今会社を辞めて、家で好きなことを仕事にして、以前よりも気持ちが豊かさを感じられる暮らしをしています。

 

あることがきっかけで、とんとん拍子に現実が変わりました。

 

そのきっかけも、薄々はわかっていたことです。

でもなかなか認めることができませんでした。

 

自分には何もできない。

自分にはどうしようもない。

 

ってずっと思っていたうちは現実が一切変わりませんでした。

 

私はずっと自分以外のことを変えようとしていました。

 

夫が「会社辞めていいよ」って言ってくれないかなー。

どこかの出版社の方が私を見つけて「連載してください!」とか言ってくれないかなー。

夫の給料が突然3倍くらいにならないかなー。

何故か知らないけど会社を辞めてもじゅうぶんなほどの収入を得られないかなー。

石油王の娘が私のメガネ男子の絵を気に入ってくれてパトロンになってくれたりしないかなー。

ていうか宝くじ当たらないかなー。

 

みたいな!

 

これ全部、自分以外の他人に「何とかしてくれない?」って祈ってる状態。

 

私の経験上、この状態、本当に叶いません(笑

 

この状態が悪いとは言わないし、石油王の娘がパトロンになる可能性もゼロではないし、そうなったらいいなーって思うことも自由だとは思います。

 

ただ、やっぱり、自分ではどうにもできないから誰かが変えてくれたらいいなっていう状態にいると、いつ変化が起きるのか、そもそも私が望むような変化が起きるのかが解りません。

 

だから不安になります。

 

いつ叶うんだろう…って。

 

引き寄せ的には、誰かが何とかしてくれたらいいなって思っても楽観できれば別に大丈夫ですよ。

感情がトリガーなので、何を考えているかより、どう感じているかが大事なのです。

私の場合は「いつなの…???」って不安になっちゃうタイプ。

「待ってらんねーから、自分から引き寄せにいくぜ!!!!!!」って思えると、気持ちが前を向きます。

 

この記事の冒頭でお話しした「あることがきっかけで、とんとん拍子に現実が変わりました」とは、「誰かがどうにかしてくれるなんて、それがたとえ宇宙でも待ってられん!自分から引き寄せにいってやる!」と決めたことがきっかけです。

 

その時、「絶対に今年度末で退社する」と決めました。

手元にあるどうでもいい手帳の3/31の欄に「とうとう今日が最終出勤日!解放感ヤバイ!!やったー!!」って書きました。さらに、会社を辞める話はまだないけれど、スムーズに引継ができるよう引継書の作成・書類やデータの整理を行いました。

辞めるということは決まっていなくても、行動は先取りです。

 

そうすると不思議なことに、以前は「辞めたいな。でも辞めたら家計が困るかな…どうしよう…」としか思えなかったのに、私の気持ちは辞めることが決まっているかのようになっていきました。

夫にも変化があり、いつもは「辞められたら困る」としか言わなかったのに、時々私が会社を辞める前提での話をするようになりました。

子供の将来の学費が増えることを考えると不安もありましたが、そうなった時に収入が足りなければまた会社勤めを頑張ればいいやって無理なく考えられるようになりました。

(できたらそうはなりたくないので、いま連載目指してがんばっております!)

 

結果的には3月上旬を最終出勤とし、有給を消化して3月いっぱいの退職となりました。

先に決めた最終出勤日よりずっと早く去ることができて、本当に嬉しかったです。

 

 

まとめてみると、私は「会社をやめたら家計が困る」と考えれば考えるほど、家計が困る証拠を見つけようとしていたし、その手助けを夫がしてくれていたように感じます。

現実的に家計を見直すことで「あれ?意外と辞めても困らないのでは?」と感じたことをきっかけに、夫がどう言おうが私が少しずつ「辞めても大丈夫な証拠」を集めるモードに変わっていったのではないでしょうか。

 

この証拠見つけるモードについて、もうちょっと掘り下げて次回書いてみたいと思います。

 

 

面白い!と思っていただけたら、ぽちっと応援お願いいたします! 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村

 

行動の先取りはシークレットを読むとわかりやすいですよ!

kaishaku01.hatenablog.jp

 

 

 

おしらせ 

★引き寄せの法則に関するお仕事のご依頼はこちらをご覧ください

お仕事情報 - 自由でたのしい毎日

 

★ロードバイクとおいしいものはLINEブログで書いてます

あゆお Powered by LINE

 

★引き寄せの法則を語るラジオをはじめました

あゆおとまきおの自由で楽しいバラ色の日々 - YouTube

 

★はじめましての方はこちらも読んでみてください

おすすめ記事一覧 - 自由でたのしい毎日

引き寄せ系読書感想-サラとソロモン カテゴリーの記事一覧 - 自由でたのしい毎日

はじめての引き寄せの法則、電子書籍公開しました - 自由でたのしい毎日

 

★このブログの記事や引き寄せ、タロット等ご質問はこちらまで

あゆお | ask.fm/ayuo_1

(コメント欄やメールでは質問を受け付けておりません)

 

 単行本出ました!

おつぼね! ! !

おつぼね! ! !

 

 

「 私にはできない」から、「私ならできる!」に変われる方法をまとめました