自由でたのしい毎日

引き寄せの法則をかんたんに、おもしろおかしくやってみる方法を書いています。(旧引いたタロットカード解釈します)

うまくいく道を見つけるためのコントラスト【恋愛・後編】

f:id:kaishaku01:20160411000703j:plain

 

様々な異性との出会いのなかで「理想」と「望んでない」というコントラストが明確になった結果、夫と出会って「この人だ!」と感じた流れについてお話しています。

 

前編はこちら

kaishaku01.hatenablog.jp

 

 

前編の続きをお話いたします。

 

浮気男とメンヘラや彼女持ちとの出会いを経て明確になった私の恋人に求めるコントラストは以下のとおりでした。

 

望むこと

  • ゲームが好きである程度上手な人
  • 堅実
  • 誠実
  • 言動に行動が伴っている
  • 出会った段階で彼女がいない

 

望まない

  • 浮気する
  • イケメン
  • メンヘラ
  • 夢があっても口だけで行動が伴わない

 

メンヘラ彼氏と別れて、彼女持ちでも別れる気がまったくないメンズたちとの出会いを経て、私がお付き合いをはじめたのは大学生で就職先が決まっている年上の彼氏でした。お父様は公務員。見た目は、まあ、芸能人で言えばテツアンドトモのギターじゃない方と似たアゴのしゃくれたメガネ男子。体型はヒョロい。

当時流行っていたバーチャファイターという格闘ゲームを通じて仲良くなったので、ゲームが好きである程度上手で、堅実で、彼女も私がはじめてというタイプで見事コントラストで明確になった「理想」を満たしているお方でした。

一緒にいて話が気が合うなと感じて、それから6年ほどお付き合いして5年ほど同棲します。

でもだんだんと溝ができていってしまい、私が別れを意識するようになります。その頃、デザイナーを目指し始めた私は、デザインやパソコンにまったく興味のない彼となんとなく合わない感じがしてきてしまいました。また、相手がはっきりと「お前のほうが俺より下だと思ってるから」と宣言したことで「無理だな」と結論付け新たな出会いを探し始めます。

テツアンドトモのギターじゃない方似のくせにちくしょう…。

 

この時できたコントラストはこんな感じ。

 

望むこと

  • メガネをかけている
  • 年下
  • 甘えるタイプ
  • ちょっとわがままで振り回してくれるくらいがいい
  • 痩せている
  • 束縛しない
  • デザインやパソコンに詳しくて教えてくれる
  • 優しい
  • 音楽の趣味が合う

 

望まないこと

  • 口うるさい
  • 見下したり対等ではない
  • テツアンドトモのギターじゃない方と似てる
  • かまってくれないのに束縛する

 

 

こんな感じかな。

5年も同棲していたこともあって簡単に別れに踏み切れずなんとなく出会いがあったら…と考えていると、また色々な出会いがありました。でも、どの人もこれまで「望まない」と感じていた中でも「言動と行動が一致しない」という項目に引っかかって違和感がありました。

 

例えば、出会った相手が遠方の人で、相手から「会いたい」と言われるものの、相手の地元まで来るように言われたりします。

正直、私も何時間かけて会いに行くほど好きじゃない。そう考えると相手も何時間もかけて私に会いに行きたいと思えるほど好きじゃないんだろうな…と思うと自然と冷静になってその恋に無理することがなくなります。

好きというけど、会いにはこない。言動と行動が一致しないから、何かもやっとします。

 

ここらへんで私は「言動と行動が一致している人がいいな」というメインのコントラストが明確になります。

 

そして出会ったのが夫でした。

夫と出会ってまず「この人いいな」と感じたのが、「言動と行動が一致して、ある程度結果を出している」という所でした。年下でメガネで、ちょっとワガママな雰囲気で、デザイン系の学生で、痩せていて、格闘ゲームもするし、音楽の趣味が合う等、理想にぴったりでした。

そして不思議なことに、夫も私のことを好きになってくれました。ここが奇跡だと思います。ちなみに好かれるために努力はしていません。化粧っ気もなかったし、初対面からSMクラブの面接に行った話をしたし…w ただ自分自身も「言動と行動は一致させる」ということを意識していました。

 

奇跡ですが、私は自分の経験から「望む」「望まない」を明確にして、「言動と行動が一致しない」という違和感に素直になって、無理そうな恋愛に執着せず進んできました。

 

 

恋愛は出会いは様々だし、何があるかも人それぞれです。

経験したことから何を学ぶか、どういうコントラストを明確にしていくのかが肝心で、何がよくて何が悪いというのもなく、全てが自分の糧になるようになっている。

だからもしかすると出会いがあってもうまくいかないという人は、コントラストが明確になっていなかったり、私でいえば「言動と行動が一致しているひと」という基準がハッキリしていないがゆえに、目の前の出会いをどうしていいのか解らない状態なのかもしれない。解らないから、気分もすっきりしない。

 

自分が自分のこれまでの経験と向き合って「これだ!」というコントラストがはっきりした時、目の前の出会いが望んでいるものか望んでいないものかが見えてくるのではないでしょうか。

 

何を引き寄せたいか明確になった時、「うまくいく道」が見えて明るい気持ちで前に進めるのだと思います。

 

kaishaku01.hatenablog.jp

 

 

 

面白い!と思っていただけたら、ぽちっと応援お願いいたします! 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村

 

 

 

 

おしらせ 

★はじめましての方はこちらも読んでみてください

おすすめ記事一覧 - 自由でたのしい毎日

引き寄せ系読書感想-サラとソロモン カテゴリーの記事一覧 - 自由でたのしい毎日

 

★おすすめ記事にある「はじめての引き寄せの法則」シリーズを電子書籍にしました。

はじめての引き寄せの法則、電子書籍公開しました - 自由でたのしい毎日

 

★このブログの記事や引き寄せ、タロット等ご質問はこちらまで!

あゆお | ask.fm/ayuo_1

(コメント欄やメールでは質問を受け付けておりません)

 

 

コントラストについてはこの本を!

引き寄せの法則 エイブラハムとの対話 (引き寄せの法則シリーズ)

引き寄せの法則 エイブラハムとの対話 (引き寄せの法則シリーズ)

  • 作者: エスター・ヒックス,ジェリー・ヒックス,Esther Hicks,Jerry Hicks,吉田利子
  • 出版社/メーカー: SBクリエイティブ
  • 発売日: 2007/10/30
  • メディア: 単行本
  • 購入: 17人 クリック: 96回
  • この商品を含むブログ (46件) を見る