読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由でたのしい毎日

引き寄せの法則をかんたんに、おもしろおかしくやってみる方法を書いています。(旧引いたタロットカード解釈します)

うまくいく道を見つけるためのコントラスト

引き寄せの法則 引き寄せの法則-コツ

エイブラハムの本を読むと、コントラストという言葉がよく出てきます。

引き寄せの法則 エイブラハムとの対話 (引き寄せの法則シリーズ)

好きなものがあれば嫌いなものがある。

楽しいと感じることもあれば、苦痛だと感じることもある。

簡単だと感じることもあれば、苦手だと感じることもある。

白と黒のように、自分が感じることにはすべてコントラストがあります。

このコントラストはひとりひとり違います。

私はわさびが大の苦手でお寿司を食べる時はわさびは苦手ですが、わさびがないとお寿司じゃない!というほどわさびが好きな人もいますよね。でも多分私は一生わさびの良さを理解できないと思います。

私はチョコレートが大好きなんですが、チョコレートが大嫌いという人もいます。私からすればチョコレートが嫌いだなんて信じられないことですが、嫌いな人からすれば何故みんな美味しいというのか一生理解はできないでしょう。

 

私がダイエットに本気で取り組もうと思った時に、まずは「何か自分に合った方法でリバウンドなく習慣付けながら体型を理想にしていける方法ないかな〜」と考えることで「ダイエットがうまくいったらいいなあ」という風に気持ちが少しでも楽しい方に傾くようにしてみました。

 

それから考えたのは、私はどうしてダイエットでいつも失敗するんだろう?ということです。

ここで自分が気づいてきたコントラストが大活躍します。

 

私がダイエットに失敗する要因は以下のとおりでした。

  • 糖質制限や甘い物禁止等食べれる物を制限するとストレスになり続かない
  • 運動のノルマを決めても面倒になったり体調を崩したりと続かない
  • カロリー計算をしても嫌な気持ちにしかならず面倒でストレスになる
  • 食べたいものを我慢できず罪悪感を持ってしまいそれがまたストレスになる

 

私は何かを制限したり義務付けたりするとストレスを感じて嫌になってしまう傾向があることに気がつきました。

 

これ、他のことも同じだったんです。

例えば習い事や会社勤めも、毎週○日の○時からと義務付けられると続けることができなくなってしまいます。

(単なるダメ人間であることは今は置いといてください)

 

私は全体的に、自分の意思と関係なく何かを制限されることがとっても苦手なようです。

 

だったら、そんな私でも制限なく自由に取り組めて続けられそうなダイエット方法はないだろうか?と考えました。

運動も嫌だ。食事制限もできそうにない。カロリー計算も面倒。

そんな私でもラクに取り組める方法降ってこーーーーい!!!って考えていると、以前ネットで見かけた「800kcal制限」で痩せた人のエピソードを思い出しました。

 

カロリー制限なんてできそうにないな…と思いつつ、どんな食生活なのかネットで調べてみることに。

 

色々読んでみると、800kcalは無理でも、1000kcalくらいなら工夫次第で好きなものを食べながらできそうなきがする…と少しワクワクしてきました。

 

できるかな?続けられるかな?という不安はまだありました。

まだあったけど試してみたいという気持ちがあったので、「試しに一週間だけガチで取り組んでみよう」と決めて取り組んだところ結果が出て楽しくなりました。

結果が出て楽しくなると、面倒に感じていたカロリー計算も楽しくなり、1000kcalの中でいかに自由に食べれるかのゲーム感覚で取り組めるようになりました。

それから5ヶ月経った今では運動をしたくなりランニングに取り組み始めています。

 

引き寄せの法則的に考えると、今までは「何やってもダメ」「何やってもうまくいく気がしない」「もうどうしたらうまくいくのか分からない」という状態から、ほんの少しだけ気持ちをラクにしてみたことがスタートでした。

今まで「何かを制限したり禁止すると嫌になる」という傾向があったことから、「可能な限り自由にダイエットを楽しむ」という自分が続けられそうな方向性を見つけられたのは、まさにコントラストが明確になり気持ちが明るくなった瞬間でした。

 

1000kcalという制限はあるものの、その中で自由に食事を楽しむというやり方は私にとても合っていて、おやつを食べても野菜中心の食事にすればそうカロリーがオーバーすることがなくバランスを取りながら実践できています。

 

カロリーは多少計算しているけど、本当に食べたいものは我慢しない。だから続けられるし、余計なものはちょっと食べたい気持ちがあっても我慢できる。

それが結果的に「好きなように食べてるけど、体重が減っていく」ということに繋がっています。

 

望みを叶えるために、うまくいくために、自分がこれまで失敗した経験がたくさんあればあるほどコントラストは明確になりやすいはずです。失敗は自分が幸せになるために必要な経験なんですね!

 

 

kaishaku01.hatenablog.jp

 

 

面白い!と思っていただけたら、ぽちっと応援お願いいたします! 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村

 

 

 

 

おしらせ 

★はじめましての方はこちらも読んでみてください

おすすめ記事一覧 - 自由でたのしい毎日

引き寄せ系読書感想-サラとソロモン カテゴリーの記事一覧 - 自由でたのしい毎日

 

★おすすめ記事にある「はじめての引き寄せの法則」シリーズを電子書籍にしました。

はじめての引き寄せの法則、電子書籍公開しました - 自由でたのしい毎日

 

★このブログの記事や引き寄せ、タロット等ご質問はこちらまで!

あゆお | ask.fm/ayuo_1

(コメント欄やメールでは質問を受け付けておりません)

 

 

引き寄せの法則 エイブラハムとの対話 (引き寄せの法則シリーズ)

引き寄せの法則 エイブラハムとの対話 (引き寄せの法則シリーズ)

  • 作者: エスター・ヒックス,ジェリー・ヒックス,Esther Hicks,Jerry Hicks,吉田利子
  • 出版社/メーカー: SBクリエイティブ
  • 発売日: 2007/10/30
  • メディア: 単行本
  • 購入: 17人 クリック: 96回
  • この商品を含むブログ (46件) を見る