読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由でたのしい毎日

引き寄せの法則をかんたんに、おもしろおかしくやってみる方法を書いています。(旧引いたタロットカード解釈します)

味わい愛でるということ

サラとソロモン―少女サラが賢いふくろうソロモンから学んだ幸せの秘訣

 

「サラとソロモン」の物語でソロモンが言う「味わい愛でる」という言葉の意味について、私なりの解釈と使い方を書いてみようかなと思います。

 

私は寒い日、湯船につかると「ふぁ~あったかい~しあわせ~」という気持ちになります。

この時の「あったかい~しあわせ~」という気分を存分に感じることが私にとっての「味わい愛でる」です。

 

美味しいものを食べてる時の「おいしい~最高~」っていうのも一瞬だけではなく、食べてる間は意識して存分に感じてみるのも「味わい愛でる」

 

大好きなミュージシャンのライブに参戦して、一挙一動を見逃すまいとライブを楽しむのも「味わい愛でる」

 

大好きな人と一緒にいるとき、その人の存在が隣にあることの幸せに存分に浸ることも「味わい愛でる」

 

自分の部屋にあるお気に入りのモノを眺めて「本当に買ってよかった~☆」と手元にある幸せに浸ることも「味わい愛でる」

 

 

全ての幸せを感じることについて、いかに幸せな事かを噛みしめるように感じてみるのが「味わい愛でる」だと思います。イメージでは、「大好き」と感じている自分の気持ちをナデナデしてるような感じです。決してレロレロではなくナデナデでお願いします。

 

 

「味わい愛でる」とどうなるのでしょうか。

 

引き寄せの法則は感情の先取りですから、例えば好きな人と一緒にいて「この人が隣にいてくれて本当に幸せ~♪」という気分をいつもより意識して存分に味わうと、更に「この人が隣にいてくれて本当に幸せ」と感じる状況を引き寄せるようになります。

 

もちろん、意識して存分に味わおうとしなくとも大丈夫なんですけど、試しにやってみてもらえると自分自身がより幸せな気持ちになったり、相手への感謝がいつもよりも湧き出たりします。

 そうすると自然に、意識せずとも「ありがとう」を笑顔で言えたり、相手に思い遣りをもてるようになりますので、関係がますますよくなることは明らかですよね☆

 

「味わい愛でる」を意識してやってみることで、好きなもの、好きなことが、もっともっと好きになります。

好きなことについて「ほんともう大好き♪」と味わい愛でている時、ものすごくいい気分になっていると思います。

 

逆に、味わい愛でようと思ってもそう感じられないものは、違和感があって楽しめないので、「あ、これ、自分は気に入ってなかったんだな」と気づくことになります。

例えば、私が今飲んでいた紅茶。味わい愛でてみようと思ったけど「あれ、それほど美味しくないな」と気づいちゃいました。

気づいたからには、自分が味わい愛でたくなる紅茶を今度は買えばいいってことですね☆

そうしたらもっと毎日の楽しみが増えるのかなと思います。

 

みなさんもよかったら、簡単なものから「味わい愛でる」というのがどういう感覚か試してみてもらえたらと思いました☆

 

 

 

 

おしらせ 

★はじめましての方はこちらも読んでみてください

おすすめ記事一覧 - 自由でたのしい毎日

 

★おすすめ記事にある「はじめての引き寄せの法則」シリーズを電子書籍にしました。

はじめての引き寄せの法則、電子書籍公開しました - 自由でたのしい毎日

 

★このブログの記事や引き寄せ、タロット等ご質問はこちらまで!

あゆお | ask.fm/ayuo_1

(コメント欄やメールでは質問を受け付けておりません)

 

 

サラとソロモン―少女サラが賢いふくろうソロモンから学んだ幸せの秘訣

サラとソロモン―少女サラが賢いふくろうソロモンから学んだ幸せの秘訣

  • 作者: エスターヒックス,ジェリーヒックス,Esther Hicks,Jerry Hicks,加藤三代子
  • 出版社/メーカー: ナチュラルスピリット
  • 発売日: 2005/11
  • メディア: 単行本
  • 購入: 3人 クリック: 31回
  • この商品を含むブログ (12件) を見る