読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由でたのしい毎日

引き寄せの法則をかんたんに、おもしろおかしくやってみる方法を書いています。(旧引いたタロットカード解釈します)

「なる」という感覚

ひとりごと 引き寄せの法則

私の悩みのなかで、夫に「どうせ漫画売れないよ」とか「安定するわけない」とバカにされてしまうことが辛いということがありました。

家族に自分のやってること、好きなことを否定されたり、バカにされるのは辛いし、またそういう風に言われるのかも?と思うと何も相談する気にはなれず、どんどん気が滅入るばかりでした。

 

かと言って「私の気持ちをわかって!」と説明するのってだっせぇなと思っていて。

必要なのは私の気持ちを理解して気を遣ってもらうことじゃないから。

 

じゃあどうしようかな?って考えて思いついたのが、妄想世界。

 

私の脳内では、私の漫画は世界中に愛されていて、私は世界中の読者に感謝しまくっている49kgの美人漫画家な設定です。(こんなこと書くとオフ会やりづらいんですけどいまは59kgで角野卓造です)

 

そんな私が、「どうせ売れないし」という夫を見てどう思うかな?って考えてみました。

 

「あ〜こういうのあるある。身内ってこうなんだよね〜。近すぎてわからないんだよね。しょうがないんだけどさ〜。」

 

なんていう超上目線の視点が出てきましたwww

 

確かに、実際に大人気だったら、誰に何を言われても「あーはいはい」って感じですよね。

実際、ワンピースやドラゴンボールのように人気なわけじゃないけれど、まあ、そういう気分を味わっておいたほうが楽しいからね。

これが当たり前になるのが、いわゆる「なる」という感覚なのかなと思いました。

なんか面白かったので、続けてみます☆

 

 

 

 

おしらせ 

★はじめましての方はこちらも読んでみてください

おすすめ記事一覧 - 自由でたのしい毎日

 

★おすすめ記事にある「はじめての引き寄せの法則」シリーズを電子書籍にしました。

はじめての引き寄せの法則、電子書籍公開しました - 自由でたのしい毎日

 

★このブログの記事や引き寄せ、タロット等ご質問はこちらまで!

あゆお | ask.fm/ayuo_1

(コメント欄やメールでは質問を受け付けておりません)

 

 

 「なる」は金本にも書かれてるよ!

引き寄せの法則の本質 自由と幸福を求めるエイブラハムの源流

引き寄せの法則の本質 自由と幸福を求めるエイブラハムの源流

  • 作者: エスター・ヒックス,ジェリー・ヒックス,菅靖彦
  • 出版社/メーカー: ソフトバンククリエイティブ
  • 発売日: 2008/08/01
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人 クリック: 4回
  • この商品を含むブログ (13件) を見る