読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由でたのしい毎日

引き寄せの法則をかんたんに、おもしろおかしくやってみる方法を書いています。(旧引いたタロットカード解釈します)

今年読んだ引き寄せの本ベスト3

引き寄せ系読書感想

今年最後の更新です!

今年も一年、ブログを読んでくださる皆さんと一緒に引き寄せの法則について楽しむことができたと思います。

本当にありがとうございました。

 

私の今年一番の変化は、体重です!w

ずっと67〜64kg周辺をウロウロしてまったく減らなかった体重がようやく59kg台になりました。

連休効果で本日は60.2kgと増え気味ですが、まあ、お正月なので1kg以内の増量はokということにして、年明けまたスリムな自分を目指して頑張りたいと思います。

あまり無理な我慢はせず、ラーメン食べたりおかし食べたりもしてますよ〜。

これも「痩せたらオフ会!」に賛同してくださった皆様や、コメント欄で励ましてくださった皆様、いつもブログを読んでいる皆様のおかげで変化することができました。

 

今年のまとめとして、2015年に読んだ引き寄せの法則関係の本で、面白かった本ベスト3をご紹介しようと思います。

 

1. 誰でも「引き寄せ」に成功するシンプルな法則
誰でも「引き寄せ」に成功するシンプルな法則 (講談社+α文庫)

誰でも「引き寄せ」に成功するシンプルな法則 (講談社+α文庫)

 

 

これを読んで自分がインタビューされているのを妄想してニヤニヤしていたところ、突然届いたメールが引き寄せブロガー座談会の件でした。

要約すれば「こうなったらいいな」ということを浮かべてニヤニヤしていたらそれでokという内容だと思います。

 

引き寄せのアプローチって色々ありますけど、私はやっぱり妄想が好きなのでそれを思い出させてくれた一冊。

参考になったのは「信じて待つ」の部分です。

これは後日信じても信じてなくてもどっちでもいいことは解るんですが、それに気づくために参考になった内容でした。

自分の望みがあって、それが実現するのを楽観して待てればいいんですけど、この楽観がネックになってしまうケースが「なかなか実現しない」と感じてしまう望みにはありがちです。

 

でも自分に合った引き寄せの本を読むだけでも「なんか願いって簡単に叶いそう」という気持ちになることもあるんですよね。この本は私にとって「妄想楽しんでいればいいんだよ」ということを思い出させてくれる、読んでてホッとする一冊でした。

 

 

2.実践引き寄せの法則
実践 引き寄せの法則 感情に従って”幸せの川”を下ろう

実践 引き寄せの法則 感情に従って”幸せの川”を下ろう

  • 作者: エスター・ヒックス,ジェリー・ヒックス,吉田利子
  • 出版社/メーカー: ソフトバンククリエイティブ
  • 発売日: 2008/03/26
  • メディア: ハードカバー
  • 購入: 4人 クリック: 35回
  • この商品を含むブログ (12件) を見る
 

 

自分の望みがあって、それが実現するのを楽観して待てればいいと気づいたものの、楽観できないものもあった私。主にスタイルについて。どうやっても体重が減らない。

望みに対して抵抗があった場合、できるだけ楽観に近づけるように思考をスライドさせていく方法について書かれた一冊がコレでした。

これを読んでみて、自分のダイエットへの気持ちを少しホッとさせる方に導いてから思いついた方法でダイエットに取り組んだらするすると減り始めていきました。

 

どうしたら痩せるかわからない。

何を食べても太る気がする。

でも食欲を我慢することは辛い…。

 

それをほんのちょっとずらして「自分に合った、楽しみながら体重がするする減る方法が見つかればいいな」と考えてみると、気持ちがホッとしました。

 

そうして思いついたのがどっかで見かけた「1日1000kcalに抑える方法」。

「これを真剣に取り組んで、それでも痩せなかったら、痩せると考えると痩せたくなる現実が引き寄せられるとか言う茶番を信じてやろう」みたいな感じで実験的に取り組んだのがはじまりでした。

 

結果は一週間やってみたらあっさり体重が減りました。そして楽しくなって2ヶ月ちょっと経った今でも続いています。

 

ここで改めて、気持ちがホッとしてから思いついた「やってみたいこと」に取り組むと結果が明確に良い方向に出ることがハッキリしました。引き寄せの法則において肝心なのは何を考えているかではなく、何を感じているかという結論がますます確実になりました。

 

 

3.3日後引き寄せ日記
“奇跡

“奇跡"は自分で起こせる! 3日後「引き寄せ」日記

 

 

願い事手帖との違いは、3日後にこの程度の変化なら…と思いつくことを書いておくことです。

これはダイエットですごく活躍しました。

ちょっと食べ過ぎて焦ってしまった時に、3日後引き寄せ日記に「また体重がするする減って59kg台が見えてきた!やった〜!」と書いておくだけでも、ホッとします。

 

この日記の好きなところは、願いを叶えるためではなく、ついつい焦ったり不安になったりして変な行動に走ってしまいそうな時に、自分の希望を書くことで、感情が不安から希望に簡単に変えることができるところです。

 

私はちょっと体重が増えると、不安や焦りから痩せるための制限を増やそうとしてしまいます。

我慢する項目を増やすと自分がすぐストレスでダメになることがわかっているのに〜!!

制限を増やすにしても、先に感情を希望に合わせておくことで、違う選択肢が見えてきます。

 

結局は、少しくらい増えても「今までこの方法で減っていたのだから、焦らず無理せずペースを守っていこう」と決めるとホッとしたし、そこからまた目標に向かって減り出してくれました。

 

 

 

この3冊から総合して、私の引き寄せの流れはこんな感じになりました。

 

  • 基本、妄想ワールド全開
  • 抵抗があっても、例えば「痩せたいって考えたら痩せたい現実を引き寄せる?そんなバカなw」「この会社に一生いる?現実的に考えてもありえんwwww」で済ます
  • それでも焦ることがあったら、三日後日記に「こうなっててほしい」ということを書いておいて、気持ちをホッとさせる

 

望みを叶えたい気持ちはモリモリありますけど、それよりも「今気分良く過ごす」ということを大事にしてきました。

だって気分よくないとすぐ食欲に行っちゃうんだもの…(←ほんとこれ

 

不満のすべてを食欲でごまかしてきたのかもしれません。

だってモンハンに夢中だとお腹空かないし!

 

 

 

来年はできたら春から夏にかけて地元ではありますがオフ会ができたらと思っておりますので、またよろしくお願いいたします!

よいお年を〜☆

 

 

 

 

 

 

おしらせ 

★はじめましての方はこちらも読んでみてください

おすすめ記事一覧 - 自由でたのしい毎日

 

★おすすめ記事にある「はじめての引き寄せの法則」シリーズを電子書籍にしました。

はじめての引き寄せの法則、電子書籍公開しました - 自由でたのしい毎日

 

★このブログの記事や引き寄せ、タロット等ご質問はこちらまで!

あゆお | ask.fm/ayuo_1

(コメント欄やメールでは質問を受け付けておりません)