自由でたのしい毎日

引き寄せの法則をかんたんに、おもしろおかしくやってみる方法を書いています。(旧引いたタロットカード解釈します)

続 はじめての引き寄せの法則 4.7 売上ノルマのある仕事でホッとするためには

☆このシリーズは電子書籍化されました!続きはこちらから

 

望みに対して抵抗を薄めて、実現させる過程をスムーズにしようのコーナーです。

望みに対しても有効ですが、今現在置かれている立場を改善するためにも、周りに働きかけるよりもまずは自分の内面を整えてることが大切です。

 

今回は、今置かれている自分の立場について、ホッとできる考え方にスライドさせてみたいと思います。

 

 

望みに対する抵抗を薄めるステップ

  1. 望みを浮かべる
  2. 今の正直な気持ちを感じる
  3. 疑う
  4. 疑ってみて感じたこと
  5. 今の自分でできそうなことを考える
  6. 今の自分でできそうなことをやってみる

 

売上ノルマのある仕事でホッとするためには?

おやすみガールさんより

あゆおさん こんばんは^^

いつも腹筋が鍛えられるおもしろい引き寄せ記事をありがとうございます! 私の中のポルナレフさんが「ブラボー!」を連発しています。

さっそく質問なのですが、売上げノルマがある仕事をこなす上でホッとできる考え方のコツってありますか?

今までパートで働いていた会社から正社員に誘われたのですが、今後の仕事内容や責任を考えると、もう2次元に天限突破したくなります。 もし(現実世界に留まるすべが)ありましたら教えていただきたいです。よろしくお願い致します 。

 

 


売上ノルマ、プレッシャーですよね。達成した~と思っても、また新しい一ヶ月はノルマに追われる…。まるで地下のような現実世界の壁をドリルで掘って進み、いつか青い空(二次元の)を見てみたい…というお気持ちになるのも解ります。

 

視点が「売上ノルマがこなせるかどうか」というよりも、営業という仕事のやりがいや楽しみ、自分の成長にスライドできるといいのかなと思います☆

 

これもいつもの6つのステップにあわせて私なりに考えてみましたので、参考になりましたら幸いです。

 

1.望みを浮かべる

売上ノルマを達成したい

 

2.今の正直な気持ちを感じる

自分にできるかなぁ…責任があるのはちょっとシンドイ。

 

3.疑う

売上ノルマの達成ってそんなに辛いことだろうか?

前人未到の無理な目標ってわけじゃないよね?

ちょっと頑張ったら達成できるノルマかな?

それとも自分には絶対無理なノルマかな?

ノルマを達成すると、どんないい事があるんだろう?

辛いことしかないんだろうか?

 

4.疑ってみて感じたこと

無理かと言われたら、ちょっと頑張ったら手の届く目標かもしれない。プレッシャーに感じるけど、そうして同僚や先輩方と切磋琢磨するのも悪くないかも。切磋琢磨って言うとなんかカッコイイ気がしてきました。

頑張ればインセンティブに反映されるなら、どんなことを先ずは頑張ってみようかな?

 

5.今の自分でできそうなことを考える

売上ノルマを達成する自信がなかったり、責任がちょっと重たく感じてしまう自分でも、売上ノルマのある世界でホッとするために今できることを考えてみましょう。ものすごーーーーーーーーーく簡単で「それなら簡単に今できる」という事を考えてみてくださいね。

 

「朝少し早く来る」みたいなのでもいいけど、「でも朝早起きできるかな~」みたいな心配があったら、そういう事はやりません。

 

私なら…とりあえず商品知識を他人より豊富にしようと勉強するかな?

なんとなくよく解らなかったからいつか勉強しておこうと思って後回しにしていたものを調べたりするかも。

 

もしこれを考えた時に「でもここの会社の商品そんな好きじゃないし」と思ってしまったら、自分なりにその商品のいい所、好きな所、おすすめしたい所を探してみてもいいよね。

 

もしくは営業成績のいい人が話しやすい相手ならば「どんな所が楽しいですか?大変なことはありますか?」等話を聞いてみたいな。

 

商品知識を身に着けることにやる気が出ないなら、いい笑顔の練習、明るい話し方の練習とかでもいいと思います☆

 

とにかく「自信のない自分でも、前向きな気持ちで今できると思える事」を見つけましょう。

 

6.今の自分でできそうなことをやってみる

5で考えたことをやってみてくださいね。後でやろうとか、今すぐはできないな…ということではなく、今すぐ簡単に「それならやりたい!」と思える事を見つける事がポイントですよ。

 

例えば私なら、商品知識を身に着ける事で、こういうお客様にこんな所をおすすめしたいな♪とか浮かんでくると、あっ営業ってキツそうなイメージだけど、私にもできるかも…というイメージがわいてホッとすることできました。

 

私は以前営業の仕事をしていたのですが、よく顔がコワイと言われるので、ニッコリする練習をしたこともあります。写真を見るとニッコリしたつもりがいつも「ニタァ~」って感じなので、ニコニコしてお客様のお話を聞いたり、商品について説明できるようになろうと思いました。

 

私の話が下手なのはすぐには変わらないから、だったらニコニコしてた方がマシ!それなら今改善できる!みたいな感じです。

 

そうして「今できること」をやっていくうちに、「ノルマが…」「責任感が…」と感じてしまう気持ちから、「私にもできそう」「できるかも」「わからないけどチャレンジしてみたい」という気持ちになれたらバッチリです。「私もできそう!ヨッシャアアアア!」みたいなんじゃないですよ。「うーん…私にも…できそうかなぁ~…」みたいなテンションで大丈夫。

 

また、成績のいい人とお話することで、「この人みたいになりたいな」「素敵な人だな」と思えると、それだけでも営業の仕事頑張ってみようかな~という気持ちになれることもあると思います。

 

ここまで説明したのはあくまで例えなので、このステップに添って自分なりに見つけた「今の自分でもできること」を楽しんでもらえたら、売上ノルマのある中でも、仕事へのやりがいや、自分の成長も見る事ができて、少しはホッとしていただけるんじゃないかなと思います。

 

どうやってもホッとできないなら、正社員になりたくないと強く望んでいる自分がいることに気づける事もあると思いますよー。

 

 

おしらせ 

★はじめましての方はこちらも読んでみてください

おすすめ記事一覧 - 自由でたのしい毎日

 

★おすすめ記事にある「はじめての引き寄せの法則」シリーズを電子書籍にしました。

はじめての引き寄せの法則、電子書籍公開しました - 自由でたのしい毎日

 

★このブログの記事や引き寄せ、タロット等ご質問はこちらまで!

あゆお | ask.fm/ayuo_1

(コメント欄やメールでは質問を受け付けておりません)

 

 

 

実践 引き寄せの法則 感情に従って”幸せの川”を下ろう

実践 引き寄せの法則 感情に従って”幸せの川”を下ろう

  • 作者: エスター・ヒックス,ジェリー・ヒックス,吉田利子
  • 出版社/メーカー: ソフトバンククリエイティブ
  • 発売日: 2008/03/26
  • メディア: ハードカバー
  • 購入: 4人 クリック: 35回
  • この商品を含むブログ (12件) を見る