読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由でたのしい毎日

引き寄せの法則をかんたんに、おもしろおかしくやってみる方法を書いています。(旧引いたタロットカード解釈します)

オールを手放して流れに乗る練習をする 実践編 連休明けの出勤

引き寄せの法則 引き寄せワーク-引き寄せ体質になる練習

いつもみなさんコメント欄で励ましたり、一緒に楽しんでくださってありがとうございます。

 

昨日は免許の更新がありお休みをいただいていました。以前の職場なら「は?免許更新?日曜いけや」と言われて終了でしたが、今の職場は何も言われないし「その日で間に合うの!?大丈夫??」なんて聞かれるくらいです。土日はむすこのスポ少があって厳しいのでした。

 

昨日は出先でいくらのおにぎりを食べていました。

いくらがこぼれて胸元に落ちたので拾おうとしたところつぶしてしまい、洋服にいくらのシミが。いくら拭いても香ってくる磯のかほり…。

講習中等、近くの席の人が「なんか生クサッ…」とか思っていたら申し訳ないなぁと思いながら過ごしていました。

 

生くささが気になって、帰りにオシャレなカフェに寄ることにも抵抗がありましたが、以前から気になっていた六丁の目農園という野菜料理中心のビッフェに寄りました。隣の席にはイケテルメンズ2名にはさまれる形でスリムで美人系の女性がイケテル会話をしながら食事をしており、女性が「私デブだし~」と言いながら私よりめちゃくちゃ食べてました。なんでそんなに細いのか、土下座して教えを請いたい気持ちを抱えながら、カレーを食べていた私です。

 

そんな三連休を過ごしまして、いつもなら憂鬱な火曜ですがオールを手放すスキルを身に着けつつある私は「オツボネの生態を取材するために潜入調査している漫画家」という設定で会社に行くことにすると、途端にワクワクしはじめました。

 

オツボネ漫画を描きたいからと言って、オツボネに取材を申し込んでも確実に殺されますよね。目からよくわかんないビームとか出してきたりして。絶対そのビームはホーミングタイプ、必ず当たって死ぬと思います。

 

だから働くという形で取材ができることは、私にとって好都合…ククク…。

 

なんて妄想していたらめちゃくちゃ楽しくなってきました。朝からおいしいネタも見つかって、ワクワクしています。ネタとは言ってもそのまま漫画にすることはできないので、ヒントという感じですけどね☆

 

オツボネサマにイジワルをされる私から、オツボネサマを潜入調査する私になると、なんだかちょっと世界が違って見えました。

だって潜入調査しながらちょっとしたお仕事をしてかなり良い時給で給料をいただけるなんて最高ですよね。

 

やっぱり私は妄想の世界で生きているのが合ってるなぁ…と感じるくらい、この妄想がしっくりきてしまいました。

 

所でお昼にさんまの塩焼きを買ってきて自分のデスクで食べました。

ビニール袋にさんまの骨を入れて足元のゴミ箱に捨てたのですが、しっかりしばっていても漂ってくる磯の香り。

どうやら私は昨日の「生クサッ…」という嫌な気持ちから、今日もまた「生クサッ…」という嫌な気持ちを引き寄せてしまったようです。

 

これまでのことを考えたら、こうして妄想して楽しく普通に暮らしていれば、なんだか知らないけれど、自分が楽しめる場所に勝手にたどり着くようになってるんだと思います。例え足元が生臭くても。

 

 

 *:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○

★はじめましての方はこちらも読んでみてください

おすすめ記事一覧 - 自由でたのしい毎日

 

★おすすめ記事にある「はじめての引き寄せの法則」シリーズを電子書籍にしました。

はじめての引き寄せの法則、電子書籍公開しました - 自由でたのしい毎日

f:id:kaishaku01:20150901100759p:plain

 

 

実践 引き寄せの法則 感情に従って”幸せの川”を下ろう

実践 引き寄せの法則 感情に従って”幸せの川”を下ろう

  • 作者: エスター・ヒックス,ジェリー・ヒックス,吉田利子
  • 出版社/メーカー: ソフトバンククリエイティブ
  • 発売日: 2008/03/26
  • メディア: ハードカバー
  • 購入: 4人 クリック: 35回
  • この商品を含むブログ (12件) を見る