読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由でたのしい毎日

引き寄せの法則をかんたんに、おもしろおかしくやってみる方法を書いています。(旧引いたタロットカード解釈します)

オールを手放して流れに乗ることをもっと考えた

オールを手放して流れに乗ることについて、もうちょっと理解が進みました。

 

例えば、私は漫画にしても今の仕事にしても「尊敬できる仲間と楽しくやりがいをもって成長できるような仕事がしたい」と思っています。

それなのに「お局様は無駄なおしゃべりばかりでうるさい」とか「仕事は単調でひまだ」「この仕事は楽だけど、それでいいんだろうか…」なんていう自分の理想とは違った考え方をすると嫌な気持ちになります。

嫌な気持ち=オールを握って流れに逆らっている状態です。

 

尊敬できる仲間と…と思っているのに、お局様は意地悪で最低だと考えている。

やりがいのある仕事がしたい…と思っているのに、仕事は単調でひまだと考えている。

成長したい…と思っているのに、仕事が楽でいいのだろうか?と考えてしまっている。

 

やだ…!

思考が望みと真逆!!

 

で、これ、会社を変えたら、自分の状況が変わると信じていたのが引き寄せを知る前です。

だから転職を繰り返してきましたが、いつもにたような不満を抱いてしまうことが辞めるきっかきになっていました。

 

私は、今いる場所でできるだけ望みに近いものを見るようにした方がホッとできるはずなんです。

 

お局様は嫌いだけど、上司はとても素晴らしい人だ。

仕事は単調でひまだけど、世界中で活躍する人の手助けになっている。

仕事はラクだけど、これから必要な知識には確実に繋がっている。

 

こんな感じで。

 

 

 

明日会社か〜とは考えると重たい気分になるけど、私の望みは「楽しく仕事がしたい」なので、これもそこに近づける見方をすると…

 

明日は会社だけど、大好きなソイラテを飲みながら机に迎うのは楽しい

明日は会社だけど、昼休みに近くの本屋さんに行くのが楽しみ

明日は会社だけど、こっそり音楽を聞きながら集中して仕事をしている時は楽しい

 

みたいに、楽しいと思える部分を見つける。すると気分がよくなってきて、明日はアレをしよう、コレもやろう…と自分が楽しめる仕事が浮かんできます。そうすると「明日もがんばろう!」という気持ちになるので「早めに寝ようかな〜。早めに起きれたらオムレツ作ろうかな。うふふー!!」なんて考えたりして。

 

仕事いきたくない、週末が終わってしまうのがいやだ…とついつい夜更かしをしてしまうと翌朝起きれず悪循環ですね。

 

 

まとめ

オールを手放して流れに乗るということは、自分の望みに近い視点を現状に見つけ、少しでもホッとすることである!

 

 

 

 オールの手放し方をもっと知りたい方はこちらがおすすめ!

実践 引き寄せの法則 感情に従って”幸せの川”を下ろう

実践 引き寄せの法則 感情に従って”幸せの川”を下ろう