自由でたのしい毎日

引き寄せの法則をかんたんに、おもしろおかしくやってみる方法を書いています。(旧引いたタロットカード解釈します)

きっとうまくいく

★はじめましての方はこちらも読んでみてください

おすすめ記事一覧 - 自由でたのしい毎日

 

★おすすめ記事にある「はじめての引き寄せの法則」シリーズを電子書籍にしました。

はじめての引き寄せの法則、電子書籍公開しました - 自由でたのしい毎日

f:id:kaishaku01:20150901100759p:plain

 

 *:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○

どら焼き食べて「あんこおいしい〜!!」って妄想してヨダレたらしていたら、どら焼きに千日餅にゆべしに、あんこの和菓子を大量にいただきました。

お寿司たべたああああ!って思っていたら、二日連続お寿司になりました。

 

っかぁーっ!

また食べ物引き寄せちゃったよ〜

っかぁーっ!

 

っていう感じです。

 

やっぱり引き寄せの法則はありますね。

 

 

 

 

インド映画で大人気だった「きっと うまくいく」を見ました。

この映画のテーマは題名のとおり「Aal Izz Well(アール イーズ ウェル)」。日本語でいうと「うまくいく」。

きっと、うまくいく [Blu-ray]

 

インドでナンバーワンの工科大学に入学した3バカ男子のストーリーです。

笑あり感動あり勇気あり友情あり恋愛あり、もちろん踊りと歌もあり、盛りだくさんの3時間でした。

長い。長いけど、あっという間に終わってしまいました。面白かった!

 

インドでも自殺は社会問題だそうで、映画でも自殺をする登場人物がいます。

自殺をした理由は「好きなことを認められず、やりたくないことを強要された」ため。

 

作中ではこのことを「ゴーカン」と呼んでいました。

他人のやりたいことを無視して、やりたくもないことを強要することの罪深さをを表す邦訳だと思いました。

 

3バカ男子のひとりランチョーは工学に情熱を注ぐ自由人。機械が大好き。いつも先生に逆らってバカないたずらをしているのに成績はトップ。

ランチョーは自分がトップである理由を「情熱があるからだ」と言います。

 

そのランチョーが自分が進むべき道を悩む親友二人に、こう言います。

 

『臆病さを捨てろ!そうしないと50年後、死の床で後悔するぞ! 』

 

臆病さっていうのは、未来を不安がることです。

でも未来はわからない。

だからいまもっている情熱を大事にする。

自分の意思、気持ちを最優先にする。

今やりたいことをする。

 

ランチョーは「明日死ぬかもしれないと思って生きろ」と言いました。

そうすれば今やりたいことをやるだけだ。と。

 

引き寄せの法則っていうのも哲学のひとつだと思うけど、それに「ゴーカン」されず、自分の自由な意思を一番大事にするべきだというメッセージをもらったような気がします。

 

引き寄せの法則とは関係のない映画ですが、勇気をくれるすてきなストーリーでした。

 

 

もうひとつ驚いたことが…

 

ランチョーは大学に入学したばかりの学生ですから、劇中はせいぜい20歳前後です。

演じていたアーミル・カーンさんはなんと1965年うまれ。今年で50歳です。

50歳で大学生の役をやっていたのに、違和感がありませんでした…!!

 

アーミル・カーンさんは役作りで肌を若々しくするために、毎日4リットルもの水を飲んでいたとか…

 

「それで若々しくなるの!!!???飲んでみようかな…」

 

と、私が飛びついたのはいうまでもありません。

 

きっとうまくいく。

水4リットル飲んだら若々しくなる…

うまくいく…

アール イーズ ウェル!!!!!!

 

 

 

きっと、うまくいく [Blu-ray]

きっと、うまくいく [Blu-ray]