読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由でたのしい毎日

引き寄せの法則をかんたんに、おもしろおかしくやってみる方法を書いています。(旧引いたタロットカード解釈します)

引き寄せの法則と不易流行

松尾芭蕉の言葉で「不易流行」という概念があります。

 

いつまでも変化しない本質的なものを忘れない中にも、新しく変化を重ねているものをも取り入れていくこと。また、新味を求めて変化を重ねていく流行性こそが不易の本質であること。蕉風俳諧しょうふうはいかいの理念の一つ。解釈には諸説ある。

▽「不易」はいつまでも変わらないこと。「流行」は時代々々に応じて変化すること。

不易流行の検索結果 - 辞書すべて - goo辞書

 

 

引き寄せの法則でもこれが当てはまるのかなと思いました。

引き寄せの法則に関する書籍は昔からあり、今に至るまで言っていることの本質には何も変わりがありません。

 

不変である引き寄せの法則の本質とは「感情をともなう思考は現実になる」という事。

 

芭蕉が俳句の基本を大切に、その時の流行も取り入れてより進化することを目指したように、引き寄せの法則も「感情をともなう思考は現実になる」という基本を大切に、その時の自分の望みに素直になり人生を更に発展させることを目指したいですね。

 

引き寄せの法則の各種書籍はこの本質に基づいて著者それぞれの解釈や考え方、活かし方を書いているし、それは時代の流れにそって内容も多様化していきます。

「感情をともなう思考は現実になる」という本質はどの本を読んでも変わりません。

 

結局はどの本も「何の抵抗もなくいい気分でいながら自由に望みを浮かべる事を楽しめれば、人生は望み通りになる」という事を書いています。

 

 

 

引き寄せの法則をこれから活用してみたい、人生に取り入れてみたいと思うならば、この引き寄せの法則の本質を忘れず自分自身がバージョンアップしていくしかありません。とにきは自分がこれまでずっと信じてきたことが、真実ではなかったと気づくこともあるでしょう。

 

そのバージョンアップの方法は人それぞれだと思いますが、主に以下の項目がポイントになると考えています。

 

  • 不要な思い込みを捨てる
  • どんなに小さなことでも自分の望みに素直になる

 

このへんの方法や考え方については、山ほどある引き寄せの法則の本に必ず書いてあります。

私は自分に合うと思った一冊をバイブルにしています。

 

引き寄せの法則の本質が「不易」ならば、自分の内面をより自分が人生を楽しめる方向にその時その時でバージョンアップしていくことが「流行」になるのかな。

自分の考え方や価値観、欲しいモノ、やりたい事が変わるなんてよくあることですしね。

 

ちょっと前までは「定年まで働けるような会社に入りたい」なんて考えていた私も、実際そういう会社に入れたのに今度は「漫画家になりたい」って言いだしてますからねw

 

そんな風に自分が本当にやりたいと思える事に素直になり、実現しつつあるのも引き寄せの法則を知れたおかげだと思います☆

 

 

 私のバイブルはソロモン!

サラとソロモン―少女サラが賢いふくろうソロモンから学んだ幸せの秘訣

サラとソロモン―少女サラが賢いふくろうソロモンから学んだ幸せの秘訣

  • 作者: エスターヒックス,ジェリーヒックス,Esther Hicks,Jerry Hicks,加藤三代子
  • 出版社/メーカー: ナチュラルスピリット
  • 発売日: 2005/11
  • メディア: 単行本
  • 購入: 3人 クリック: 31回
  • この商品を含むブログ (12件) を見る