読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由でたのしい毎日

引き寄せの法則をかんたんに、おもしろおかしくやってみる方法を書いています。(旧引いたタロットカード解釈します)

望むものと同じ波動になる練習 4

引き寄せ系読書感想-サラとソロモン 引き寄せ系読書感想

望むものと完全に同じ波動になるというのは、どういう状態なのか更に考えています。

 

望むものと同じ波動になれば望みが叶う…と思って、楽しくもないのに、無理矢理望むものと同じ波動になろうとするのは本末転倒です。

 

要するに、楽しくもないのに自分の望みを達成するために何かの引き寄せ的メソッドを行うというのは、現実的にやりたくない努力らしきものを行うことと同じです。

 

私が楽しくもないのにひたすらアファメーションして痩せようとすることは、楽しくもないのにひたすら食事をガマンすることと同じです。

楽しくもないことをガマンしてやり続けると、ストレスがたまります。ストレスがたまるとイライラしたり、気分が落ち込みやすくなります。

望んでいる日常とは真逆の日々になっていく感じがしますね。

 

ガマンしているのになかなか望みが叶わないと、もっともっと落ち込みやすくなります。こんなに頑張っているのに…どうして?って。

実は頑張っている方向が真逆なのに、辛い事をしている分だけ、何かをガマンしている分だけ、頑張っているとカン違いしがちな私です。

 

そしてガマンもせず楽しい事だけして成功している人を見ると「なんであの人はうまくいくのに、私は!?」っていじけはじめます。

ドMか。はいMです。ドMな上に完全な自作自演。

 

何年かやっていたネトゲのFF11で、メインジョブはナイトでした。ナイトというのは盾のジョブで、パーティのみんなに敵の攻撃が飛ばないよう、自分に攻撃を集中させて耐え抜く役割です。パーティが全滅しそうになった時も自分に攻撃を集中させパーティを逃すための必殺技を持っています。

 

はい、私は「みんなのために…耐えてみせる…!」という少年漫画のヒーローみたいな役割に憧れているドMだったってわけですね。

 

まあ自分がいかにMかっていう変態アピールは置いといてですね、この「辛い事をしている分だけ、何かをガマンしている分だけ、頑張っているとカン違いしてしまう現象」が非常にイケてなかったんですね。

うそ…私の思い込みダサすぎ…。

 

もし私が全ての望みを叶えている状態だとすれば、きっと、望みがどうなるかとかは気にしないで、ただひたすら目の前の状況を楽しむと思います。

 

望みが叶った喜びに満ち溢れ、目の前の素晴らしい出来事、景色のひとつひとつを噛みしめて「すごいすごい!」なんて心の中で感激していると思います。

 

勿論きっとその時にでも「次はこうなったらいいな」「今度はあれがほしいな」と望みが浮かぶことはたくさんあるでしょう。

でもやっぱり目の前の景色を見て「ああ、なんて素晴らしい場所に私はいるんだろう」っていつも感じていると思います。

 

 

 

望むものと同じ波動でいることが幸せの流れに乗り続ける方法なのだとすれば、私は単純に今目の前の景色を見て、それがいかに素晴らしいか、過去の自分がどんなに望んだものであったかという喜びをかみしめる事が一番なんじゃないかなと思います。

 

「今目の前の状況を楽しむ」ということが「足るを知る」という事ではなく、一番簡単でシンプルな自分が望むものと同じ波動になるということで、望んでいるものをどんどん引き寄せられる状態にいるという事なのではないでしょうか。

 

私だったら、もしも…もしもよだよ。すごく気に入った土地と家に住んでいて、やりたい事を楽しんで、自由に暮らして、なおかつ世界中の人たちと交流している私だったら…?と考えると、望みが叶うかどうかなんて気にする暇もなく、毎日をひたすら楽しんでいるんだろうなって思いました。そう考えると、じゃあ今私がやるべきことは、ひたすら毎日を楽しむだけだなという結論にたどり着いたのです。

 

かと言って望みを叶えるために、嫌いな人とか、どうしても嫌な事を無理やり楽しもうとするのはストレスがたまるから本末転倒ですよ。

そこは心の自由が現実の自由に繋がることを思い出していただき、嫌いなもんは嫌い、嫌なことは嫌!でおっけー。

でも仕事みたいな「嫌だけど行かなきゃいけないやつ」はできるだけマシな気分になれるように工夫するといいよね。私なら無線のイヤホン使ってこっそり音楽聞きながら仕事してたりするし。

 

きっと何もかも望みが叶った状態の自分にだって嫌だな~と感じる人はいるだろうし、めんどくさ~と思う事はあると思うし。

でもそこにあまり余計なパワーを注がないような気がします。

 

きっと私がビルゲイツ並みの人物だったらオツボネサマに何か嫌味を言われても「あれ?ハナクソが言葉を話しているぞ?」くらいに思うでしょう。

 

ついつい未来の自分がどうなっているかばかりを考えてしまっておろそかになりがちな日常の楽しみに、もっともっと目を向け、心の余裕を取り戻していきたいなと思います。

 

まとめ

自分がどうなりたいか、そうなったらどんな気持ちで毎日過ごしているかをかるく想像してみる。

その気持ちに今なれることを楽しむのみ。

 

 

 

サラとソロモン―少女サラが賢いふくろうソロモンから学んだ幸せの秘訣

サラとソロモン―少女サラが賢いふくろうソロモンから学んだ幸せの秘訣

  • 作者: エスターヒックス,ジェリーヒックス,Esther Hicks,Jerry Hicks,加藤三代子
  • 出版社/メーカー: ナチュラルスピリット
  • 発売日: 2005/11
  • メディア: 単行本
  • 購入: 3人 クリック: 31回
  • この商品を含むブログ (12件) を見る
 

 

 

物語で読む引き寄せの法則 サラとソロモンの知恵

物語で読む引き寄せの法則 サラとソロモンの知恵

 

 

 

物語で読む引き寄せの法則 サラとソロモンの友情

物語で読む引き寄せの法則 サラとソロモンの友情