読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由でたのしい毎日

引き寄せの法則をかんたんに、おもしろおかしくやってみる方法を書いています。(旧引いたタロットカード解釈します)

望むものと同じ波動になる練習 2

望むものと同じ波動になる方法について述べましたが、これを突き詰めると「引き寄せ」の教科書の著者、奥平さんがブログや本でいつも言っている「今いい気分になれるものの見方をする」という事なんですね。

 

「引き寄せ」の教科書: スッキリわかる!「思考が現実化する」しくみと方法

「引き寄せ」の教科書: スッキリわかる!「思考が現実化する」しくみと方法

 

 

 

例えば、私がもし今、何もかも望みが叶って、毎日楽しくて自由で何の不安もなくゆったりして暮らしているとすれば、朝起きた時に「今日も会社かぁ…」って嫌な気分になったりしない。

 

ということは、私はいつでも朝起きた時も気分よくいられれば、それが望むものと同じ波動になるという事。

 

じゃあ私が無職になった後にいい気分になれるのかっていうと、いい気分にはなるだろうけど引き寄せの法則の世界では順番が逆なのです。

 

シンプルに、私がいまいい気分でいたらいい気分になることを引き寄せる。

自分の内面が変わると、その変化が現実に反映される。

 

私が今この瞬間から朝起きた時に気分よくいられると、それが現実にも反映されていく。

やるべきことは転職活動とか貯金を増やすとかじゃなくて、朝起きた時に気分よくいられる考え方を見つける事。

 

その結果や経緯がどうなるのかは解らないけれど、そのうちに私が朝起きた時に気分よくいられることがより当たり前になるように現実が変わっていくんでしょうね☆

 

 

 

でもこの「気分よくいられる考え方」も人それぞれなんです。

 

私のように嫌な事があった時に「ウワアアアアアッッッッッ」って大騒ぎしたほうがすぐにスッキリして気持ちを変えられる人もいれば、「お花キレイ…」みたいに花を見て癒される人もいるだろうし。

 

ここが千差万別かつ、自由なわけです。

 

で、この千差万別かつ自由な所について色々な本やブログを読んで「こうしなきゃいけない」と特定の方法にこだわってしまうのが、引き寄せの法則を上手に活用できない原因のひとつだったりします。

 

ひとによっては「いやな気分になってはいけない」なんて自分の感じたいことを制限しちゃって、それがより自分を苦しめたりしちゃいますよね。

 

自分がラクになればそれでOKなので、この「今ラクな気分になれるものの見方」について自分で自分なりの答えを見つける事が一番です。

 

様々なブログや本は参考にはなるけど、それをやってみてまったく楽しく無かったり余計に苦痛だったり納得できないのなら、それは合わないというだけで、それができなければ幸せになれないだとか望みが叶わないっちゅーわけじゃないんですよ。

 

引き寄せの法則をうまく活用できないという方は、今取り組んでいる方法が合ってないだけ。ただそれだけなんです。

 

私は妄想が好きなので、妄想をプッシュしますけど、妄想が苦手という方もいますよね。妄想苦手な方には行動がおすすめです。

 

例えばザ・シークレットにのっている「恋人がほしければ、恋人がいつ来てもいいように部屋を片付ける。クローゼットをあけておく」という方法ですね。

 

引越ししたい人は今から荷造りをはじめたり、荷造りしないまでも引越しの時捨てるであろうものを今から処分しておくとかね。

 

私の友人は恋人ができる前に、この方法でばっちり恋人を引き寄せて一年後には結婚して転居しました☆

 

あと大事なのは、自分のその妄想や行動によって現実がいつ変わるのか?本当に変わるんだろうか?と言う事を気にしないことが肝心です。

 

気になるでしょうけど、気になったら、都度気にしないように他の事をして忘れます。

 

こればっかりは「気にしないということができません」とご相談されても体育会系引き寄せの法則活用術では「できるできないの話じゃねぇ…やるかやらないかなんだよ…!」としかアドバイスできませんので…!!

 

んで、これもいきなり今の自分には「大きい」と思える望みから取り組むのではなく、簡単そうと思える望みから練習していってみてください。

何でも大丈夫です。

結果的にそっちのほうが近道になるはずです。

 

この方法を突き詰めていくと、いついかなる時でも目の前の物事に対して「いい気分でいられる視点」を見つける事がオーソドックスかつシンプルな引き寄せの法則を上手に活用する方法になるんじゃないかなと思っております!

 

いい気分でいることがそうして当たり前になればなるほど、自分の現実がいい気分になれるものばかりになることが自動操縦になっていくのです。

 

 

 

ザ・シークレット

ザ・シークレット

  • 作者: ロンダ・バーン,山川紘矢,山川亜希子,佐野美代子
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2007/10/29
  • メディア: 単行本
  • 購入: 47人 クリック: 1,719回
  • この商品を含むブログ (183件) を見る