自由でたのしい毎日

引き寄せの法則をかんたんに、おもしろおかしくやってみる方法を書いています。(旧引いたタロットカード解釈します)

ふと気が付いた人付き合いが苦手な原因

ちょっと「ハッ」と気づいた事があるのでまとめます。

 

いわゆるママ友付き合いや会社の同僚との付き合いにありがちなのですが、日常よく会う人との会話のなかで「自分がどんな嫌な目にあったか」という話題が多いと、何も問題のない自分に罪悪感を抱くことがあります。

 

話題に混ざれるような体験をしていない、共感できない、私だけ何もなく平和なのは何か間違っているのか…鈍感すぎるのだろうか…

 

そんな風に感じてしまうんですよね~。

 

そうしていると、聞いていた事と同じような嫌な目にあって「ようやく話題ができた」という気持ちにもなる自分がいました。

 

そしてママ友とかに次に会った時に「聞いて!私もそれ体験したよ~!大変だったよ~」と話すと「でしょ~!!」と共感してもらえて、ようやく輪に混ざれた安心のようなものを感じていました…。

 

ああ…

なんという自家発電…

もうそのパターン、いらなーーーーーーーーーーーい!!

 

 

 

友人が本当に大変な経験をして「大変だったね」と共感するのはいいけど、でも、自分まで体験する必要はないのにね。

 

自分がそういうことについて共感できるような体験をしていないのは幸せなことなのに、そこに罪悪感抱くってドMすぎるじゃろ…

 

誰かと共感したいがために、わざわざ直接体験する必要はない。

 

例えば失恋した友人に共感するために自らも失恋をする必要はないという事。

失恋はしたくないけど、共感したい気持ちが強まるがゆえに自ら失恋を無意識のにうち招いてしまうのが私だったって事ですね。

 

共感したい気持ちが強まるのは、私がよく親から「人の気持ちを考えなさい」と言われ続けてきたから。

実際、自分の鈍感で無神経な性格ゆえに友人が離れていってしまったこともたくさんあるから。

 

相手の言ってることを理解しなきゃ、気持ちを理解しなきゃ…と一生懸命でした。

そうじゃないとまた去られてしまう。受け入れてもらえない。という不安でいっぱいでした。

 

でもいくら考えても相手の気持ちも考えていることも解らない。

解ったつもりでいれば間違ってて、逆に嫌な気持ちにさせてきらわれてしまう。

 

だったらもう、ひとと関わらない方がいいや。解らないんだもーん!

 

多分私の人付き合い苦手なのこれのせいだ。

 

気づいたら、ちょっとだけ人付き合いについて心も軽くなりました。

そもそも同じ体験をしたからと言って同じ気持ちを抱くとは限りませんからね。他人だからね。

 

他人の気持ち、わからなくてもいいし、共感できなくてもいいけど、でも、きっと自分なりに思い遣りと相手への感謝の気持ちを忘れずにいれたら、自然と行動にも出るだろうし、それでもし相手に嫌われることがあってもそれはもうしょうがない事だろうな。

 

もう共感するために無意識に望まない体験を引き寄せる必要はないと思うと、ワクワクしてきました。

ワクワク=正しい方向にいる証拠ってエイブラハムも言ってたしね☆

 

 

引き寄せの法則 エイブラハムとの対話

引き寄せの法則 エイブラハムとの対話

  • 作者: エスター・ヒックス,ジェリー・ヒックス,Esther Hicks,Jerry Hicks,吉田利子
  • 出版社/メーカー: ソフトバンククリエイティブ
  • 発売日: 2007/10/30
  • メディア: 単行本
  • 購入: 17人 クリック: 96回
  • この商品を含むブログ (45件) を見る