読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由でたのしい毎日

引き寄せの法則をかんたんに、おもしろおかしくやってみる方法を書いています。(旧引いたタロットカード解釈します)

神様とのおしゃべり 感想2

神様とのおしゃべりを読み終えました!

 

神様とみつろうさんのやり取りがコントのようで、何度かププっと笑ってしまいました。

 

この本に書かれている本質は、やっぱり感情の先取りと、今いい気分になれる考え方について教えてくれている部分だと思います。

 

引き寄せの法則は思考が現実になるのではなく、気分が気分を引き寄せる法則です。

「あの人なんてムカつくんだろう」と考えていたとしても誰かに愚痴を言ってスッキリと晴れやかな気分になるのなら、引き寄せるのはまたスッキリ晴れやかな気分になることです。

 

でも、このスッキリ晴れやかな気分になるためには本来ムカつく人の存在は必要ないのに、時にひとはスッキリ!という気分を味わうためにムカつくひとをあえて登場させて愚痴を言うという出来事を創造することもあるコトを神様は教えてくれます。

 

たぶん、他の本でも言われている内容なのですが、神様とみつろうさんのやり取りが面白すぎるのと会話形式なのもあり、とても解りやすく、なおかつ納得できるように書かれていると思いました。

 

 

 

本書が伝えたい事は

 

「今楽しいという気分さえ感じることができれば、これからも楽しいと感じる未来を引き寄せるんだよ」

 

という事なのでしょうね☆

 

私がこのなかでもとくに勇気をもらったの内容は「夢と悩みを他人に語るとどうなるか」という章です。

 

夢はなれるからこそ、その人の現実に映っている。

宇宙がありとあらゆる手を使ってなりたいものをその人に言わせている。

 

という内容でした。

 

宇宙さんったらもしや私に漫画家になってほしいの?????

 

って思うと、なんだか自分の夢に対するハードルが下がる気がしますw

 

なんだ〜

そうだったんだ〜

もーしょうがないなァ

ま、いいよいいよ!

どんどんそうしちゃって!!

 

みたいに上目線になっちゃうよね(単純

 

また、実際に手元にないものを欲しがって、それが手に入ったように振る舞うよりも、今ある豊かさや幸せ、楽しみ、喜びを感じられるものを見つめ直したほうが圧倒的に気分の先取りは簡単なんだと思いました。

 

もちろんいま手元になくても欲しいものをイメージして感情の先取りをしても、私の経験上、その通りに叶います。

 

でも、結果を期待せず純粋に妄想だけ楽しむのは苦手な方は、本書に書かれているように「いまある」ものを数えたほうがずっとずっと引き寄せ体質になれるでしょう☆

 

神さまとのおしゃべり -あなたの常識は、誰かの非常識-

神さまとのおしゃべり -あなたの常識は、誰かの非常識-