読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由でたのしい毎日

引き寄せの法則をかんたんに、おもしろおかしくやってみる方法を書いています。(旧引いたタロットカード解釈します)

がんばることをやめた時

いつもブログのコメントやメッセージ等で感想をいただくと、とても嬉しい気持ちになります。

本当にありがとうございます。

 

時々「私にはできません。解釈さんは特別なんですよ」みたいなメッセージもいただきます。

 

特別って言葉を聞いて正直爆笑ですよ。

おいおい…直接会ったら「えっ、ふつーのおばさんじゃん!」って絶対思うよ???って。

そのためにお会いしたいくらいなんですけど、こうしたメッセージを見た時に私が思うのって

 

「え~!私だって頑張ってるんだよ!!」

 

という事なのです。

 

 

 

私だって引き寄せの法則を知るために、上手に活用できるように、自分が幸せを日々感じられるように…

頑張ってるんだぜぇぇええええええ!

 

って叫びたくなるのね。

 

私ってば「頑張ってますね。すごいですね」って言われたくて、もしかして、そのために…頑張ってた…?って気づいてちょっぴり恥ずかしくなりました。

 

思い出してみれば「私頑張ってるんですよ」と言いたくなるような出来事ばっかり乗り越えてきてる…。

 

もしや…「頑張ってますね」「すごいですね」って言われたいがために、頑張るべき出来事を創り出してたりして…。

 

そんな仮説を立てて過去を振り返ってみると、面白いくらいその通りの日々!

 

「頑張らなくても私はじゅうぶんそのままでOK。頑張ることやーめた!」なんて心の中で宣言してみたら、ちょっと心が軽くなりました。

 

自分がやりたいことを楽しくやればそれで毎日は楽しいはずなのに、いつの間にかこうやって「頑張ってるね」とか「すごいね」って評価されたい自分が登場して、頑張らなきゃいけない状況を創り出すんだろうな~なんて思いました。

 

「私だって頑張ってるのに!」なんて不満が浮かんじゃう方がいたら、心の中だけでも「頑張るのやーめた」って宣言してみてはいかがでしょうか。

 

自分の夢を成し遂げるために努力をするのは素晴らしい事だと思います。

そういう努力って本当はワクワクしてすごく楽しくて、自分もイキイキとして輝けるもの。

 

でも「私だって頑張ってるのに!」と不満の出てしまう努力は、もしかするとそんなに頑張らなくていい所なのかもしれないよ。

 

 

「のび太」という生きかた―頑張らない。無理しない。

「のび太」という生きかた―頑張らない。無理しない。