読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由でたのしい毎日

引き寄せの法則をかんたんに、おもしろおかしくやってみる方法を書いています。(旧引いたタロットカード解釈します)

どうせ無理だし!と開きなおること

引き寄せ系読書感想 引き寄せ系読書感想-アドラー心理学

願っても叶わなかったら…と心配になって願うことすら自由にできないのなら、何も叶えることはできないと思います。

 
まずは願うこと、それを口にしたり、書き出したりする一歩を踏み出すこと。
それが実現への一歩です!
 
でもこの時『叶わなかったらいやだな…』とか『どうせ…』という考え方があると、願いを浮かべているのに心がもやもしてしまいます。

 

 

 
引き寄せの法則は気分が引力です。
もやもやしていたら、もやもやすることを引き寄せます。
 
だから『叶わなくても別にいい。だって想うだけなら自由でしょ?それに絶対無理ってわけでもないし♪』と開きなおることで、私は望みを自由に浮かべつつワクワクする術を身につけました。
 
ワクワクするから、『別に叶わなくてもいいし』と思っても、ワクワクする形でその妄想は実現しちゃったのです。 
 
思考が実現するのではなく、気分が引力となっていると結論付けているのはこの経験のためです。
 
誰でもこう開きなおれば良いわけではなく、人それぞれの開きなおり方があります。
 
自分がこれから自由に自分が望む人生を楽しむために、自分なりの開きなおり方を見つけてほしいなって思うのです。
 
よく「いい気分になれません」という質問がきます。
いい気分になれば願いが叶うってわけじゃないんですよ。いい気分でいたらいい気分になることを引き寄せるよっていうだけです。
 
でも泣きたい時は泣けばいいし、腹が立ったらめいっぱい怒ったっていいし、心配なことがあるなら心配だからこそどうにかする術を考えたらいいと思うし。
 
「いい気分にならなきゃ…」ってことも自分の自由を抑えつけてしまうこと。
 
嫌な事があったって「うおー今日はビール飲んじゃお!」でOKなのです。
 
あなたも私も特別変わる必要はなくて、ただいつもの通りに暮らして、でも、望みを自由に浮かべる楽しみをそこに加えてあげたらいいだけなのです。
 
いい気分にならなきゃ…と考えてしまう時、みなさんにジョジョの第2部に出てくるエシディシを思い出してほしいなって思っています。
 
エシディシは悪役なんですけど、主人公のジョセフと戦って劣勢になったら急に号泣しだしました。
 
↓こいつ

f:id:kaishaku01:20150407000410j:plain

f:id:kaishaku01:20150407000417j:plain

 

そして泣き止んでスッキリすると、すごく強くなりました。

f:id:kaishaku01:20150407000451j:plain

 見てください、この何もかもを悟ったかのような澄んだ瞳を。

 

みなさんも泣きたくなったらエシディシを思い出してね!

あっ、泣いてスッキリしたらいいんだって安心できると思います。

 

 

「いい気分」でいるよりも「自分らしくいる」ということを意識してもらえたらと思いました。

 

自分らしくいる自由って、とっても居心地がいいですよ! 

 

 

↓エシディシいいかも!と思っていただけたら、ぽちっとお願いします☆

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村

 

 

 

自分らしくいられる考え方を身につけられる一冊にはアドラー心理学がおすすめです☆

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え