自由でたのしい毎日

引き寄せの法則をかんたんに、おもしろおかしくやってみる方法を書いています。(旧引いたタロットカード解釈します)

細かいことは気にしないで望みは片っ端から実現させよう!

引き寄せの法則のことをこれまでの経験から考えると、それを本当に望んでいるかどうかは関係なく「こうなったらいいのにな」とか「こうなったらやだな〜」ってことを単純に引き寄せてしまうと実感しています。

 

自分が今「こうなったらいいな」と思うことが本当の望みかどうかって、思考の段階では解らないことも多いと思う。

実現して、経験してみてはじめて「あっこれダメだった」っていうのが解れば良い経験になるし、本当の望みもより明確になって人生における迷いが減ってくのではないかと思いました。

 

食べ物の好き嫌いも、食べてみてはじめて本当に嫌いか好きかが解るようにね。

 

私、復縁とかあんまりおすすめしない方なのね。

願ってもいいけど、こだわると辛くなるじゃん?異性なんて何十億人って世界中にいるんだしって思ったりして。

 

でも、復縁も本人が経験してみてはじめて「やっぱりこの人がいい!」と思うこともあれば「あれ、なんか違う…」って思うこともあるよな〜と思ったのでした。

これって思考の段階ではどうしても解らなかったり、疑問があったりして、体験してみてはじめて自分が納得できるケースもあるんじゃないかなーと。

 

私も何度か恋人と別れて復縁しかけて「あ、やっぱ無理」ってなっちゃった事あるし。

旦那さんには一度振られていて、その時は「もういいや」って本気で思ったけど、今となっては「この人しかいない!」なんて思ってるし。

 

仕事も最初から「漫画家になりたい!」なんて思ってなくて、子どもの頃のよくある叶わぬ夢って感じでした。

だから「安定した会社で定年まで働いて、多少の人間関係は我慢して…」なんて思っていたら、多少の人間関係を我慢するところまでキレイに実現したような会社に就職しちゃったんですよねw

 

それも経験してみてはじめて「あれ、なんか違う」って感じることができて、私が望んでいることはこの仕事じゃないって気づくことができました。会社は本当に理想中の理想で大好きではあるんですが。

 

最近ちょっと迷ってたんです。

引き寄せの法則についてブログに書く上で、「本当の望み」「本当の幸せ」にこだわる必要はあるんだろうか?って。

確かに体験するまえから解っていれば、最短距離で自分の一番望んでいる場所にたどり着けるのでしょう。だから本当の望みを知る方法とか、本当の幸せに気づくことの大切さについて伝えたいって考えていました。

 

しかし…!

実際引き寄せの法則なんて勝手に動いていて、自分が望んでいようがいまいが、思考を集中させて実現した時の気分さえ感じてしまえばどうとでも実現しちゃうんですよね。

だったら自分が考えている望みが本当のものかどうかなんて気にしないで、どんどん引き寄せて、どんどん体験して、それから決めてもいいんじゃないかなーって。

 

「嫌い!」と思っていることでも、実際体験してから「意外と好きかも!」って思うことがあれば、好きなものが増えて得だし…?

 

「細かいことは気にしないでどんどん望みを実現させちゃおうぜ!」という方が楽しいと色々考えてみて結論が出ましたので、そういう方向でこれからも更新していきたいし、私もそういう方向で引き寄せの法則を楽しんでいきたいなと思いました!

 

望みを片っ端から実現させる方法。

それは「望みが実現した時自分はどんな気分になるのか?ということを想像し、その気分を今感じる」というだけの単純な方法なのです。

 

食べる前に味を想像して「んー!おいしい〜!幸せ〜!」って先に感じるような?

 

私、食べ物のことばっかりだね!!!!!

 

今日スイーツパラダイス行ってきたんですけど、スイーツおなかいっぱい食べたらカレーの香りがまた食欲をそそり、カレーって別腹?って気分になりましたが、ぐっとこらえました。

 

ではではみなさま、素敵な週末を!!

 

 

 

 

↓参考になった!と思っていただけたら、ぽちっとお願いします☆

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村