読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由でたのしい毎日

引き寄せの法則をかんたんに、おもしろおかしくやってみる方法を書いています。(旧引いたタロットカード解釈します)

いい気分になるためには思い込みを変えるのが先!?

「自分の思い込みを変えたいな~」となんとなく思い始めてきている方にはアドラー心理学の本をおすすめしたいです。

 

アドラー心理学で有名な言葉に『人生が困難なのではない。あなたが人生を困難にしているのだ』という一文があります。

引き寄せの法則と似てません?w

 

また、アドラー先生は力強く「未来は自分で創造することができる」と語っています。

 

 

なかでもおすすめはこの三冊!

 

簡潔明快でわかりやすい

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉

 

 

 

ゲラゲラ笑ってアドラー心理学を知りたい方向け

マンガで分かる心療内科  アドラー心理学編 (ヤングキング・コミックス)

マンガで分かる心療内科 アドラー心理学編 (ヤングキング・コミックス)

 

 

 

 身近なエピソードで解りやすく教えてくれて、心に響く一冊

まんがで身につく アドラー 明日を変える心理学 (Business Comic Series)

まんがで身につく アドラー 明日を変える心理学 (Business Comic Series)

 

 

 

 

私はアドラー心理学を読んで「なるほど!」と思ったことがたくさんありますが、そのなかでも「感情はコントロールできない」という話は意外ながらも納得でした。

 

引き寄せの法則を語る上で感情というものは切っても切り離せないものであり、私もいつも「感情をコントロールしていい気分でいれば、いい気分になる出来事を引き寄せる」と説明していました。

 

でもアドラー先生から言わせてみれば「感情」というものは排泄物でありコントロールができないものなのだそうです!

 

え~じゃあ感情ってどうすればいつも落ち着いて機嫌がよくいられるの????と思いました。

 

その答えは「ライフスタイルを変える」と言うことでした。

 

ここで指すライフスタイルとは「ものの見方や自分の価値観」だそうです。

 

例えば、転職の回数が多いことについて「自分は仕事が長続きしないダメなやつだ」と思う事もできるし、「自分は色々な仕事を経験できてよかった」と思う事もできますね。

 

いつも自分を責めるような考え方が主ならば、嫌な感情がたまっていくのは容易ですよね。そんな考え方が主なのに、いい気分になれと言われても難しいかもしれません。

でも、自分の欠点も含めてそれでもOK、まぁいっか♪と思える考え方、ものの見方が身についていると、いい気分になりやすいはずです。

 

いい気分になろうと必死になってもどうしても嫌な気持ちになりがち…という時は、いい気分よりも先に自分のものの見方や価値観を見直してみる必要があるのかもしれないな~なんて思いました。

 

引き寄せの法則を上手に活用する上で大切なものって、気分よりもまずは自分の価値観、ものの見方等の思い込みなのかも?と思い始めてきました。

 

「思い込み」を気にせずに思いっきり自由に好きなように自分の望みを描いて17秒間だけ集中する…という練習はやっぱり引き寄せの法則の活用を上達させるためには向いているのかも。

 

ものの見方、価値観等の思い込みはスピリチュアルな分野ではないので、引き寄せの法則を信じるとか信じないに関係なく、変えやすいと思います。ちょっと自分の視野を広げてみようと意識するだけで視界に入ってきちゃいますので。

自分の望みを実現させるためのありとあらゆる可能性を見つけ出してみる楽しみというのは、宝探しのような感覚でもあります。

 

私が漫画家になりたいという願いをもっても、なる方法を「出版社に完成原稿を持ち込み」だけに限定して、他の方法を見ようとしなければ一生「地方でなかなか持ち込みなんていけないし、完成まで書くことも大変だし、難しい」と思って、漫画家を目指すことに良い気分になれなかったかもしれません。

 

でも見渡してみれば漫画を投稿するハードルは下がり、有名な漫画アプリでデビューしてなくても配信してもらえる時代です。

 

自分のブログで発表をしてそれを見た出版社の人が声をかける…ということも珍しいことではありません。

 

私はこの様々な可能性の中から、自分にとって最も気楽に取り組めそうな「ネームで応募する」と「描きたい漫画を描いてブログにアップする」という方法をとりました。その結果、出版社の方から連絡をいただいたのです。

 

思い込みを変えるために、ありとあらゆる自分の望みを叶える可能性を模索してみる。見つけた方法の中から自分がいい気分で取り組めるものを試してみる。やってみていい気分なら続けて、嫌だなと思ったらやめて他の方法を試してみる…というのが「いい気分になるため」の順番かな?と思いました。

 

視野が広がっていないうちから「自分にはできる」と無理に思い込もうとするのではなく、「自分にはできるかも」と思えるようになるために、「難しい」と思う事があったら先ずは視野を広げる事を常々意識してみたいなぁと思います☆

 

 

アドラー心理学はこちらのサイトがわかりやすいので、気になる方は一度読んでみてもらえたらと思います☆

アドラー心理学.com

 

 

 ものの見方や価値観等の思い込みについて図解付きで説明した記事はこちら


引き寄せのスピードをあげるものとは? - 自由でたのしい毎日