読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由でたのしい毎日

引き寄せの法則をかんたんに、おもしろおかしくやってみる方法を書いています。(旧引いたタロットカード解釈します)

望むものと同じ波動になる

引き寄せ系読書感想-サラとソロモン 引き寄せ系読書感想

keikoさんという占星術師さんが大好きで、ブログをいつも読んでます!

とっても元気になれる記事が多いので、おすすめです。

 

昨日の更新が「天王星を使って人生に革命を起こす」という内容でした。


「天王星」を使って人生に革命を起こす|keiko的、占星術な日々。

 

私のネイタルチャートでは天王星が第6ハウスにあり、人生に革命をおこすキーワードを見てみると…

 

「職場、勤務地、オフィスを変える」

 

って書いてあってびっくり。

私の「会社やめて漫画家として独立したーい」っていう浮足立った願望がこんな所にまで反映されちゃった????なんて思いましたw

 

これも引き寄せの法則です♪

 

どのへんが引き寄せの法則かというと、私はこの結果を見て「アハハ、無理じゃん」って真っ先に思いましたからね。いつも仕事を辞めたいなーでも無理だなー…っていうのを繰り返して、夫にも「仕事辞めるのは無理じゃない」って言われて、占いの結果にまで引き寄せちゃいました。

 

全然望むものと同じ波動になれてない証拠です…w

 

 

 

サラとソロモンの3巻で、サラたちがしばらく会えなくなった友達に対して「さびしいから早く会いたい」と願う場面がありました。サラたちは後々にそれを「最悪の願い方だったわね」と笑う事になります。

 

ソロモンは、望むものと同じ波動でいなければ、その望むものを引き寄せる事はできないと話します。

波動というのは気分です。

 

「友達がいなくてさびしい」という気分でいれば、「友達がいなくてさびしい」ということを引き寄せるのですね。

 

同様に「お金がなくて困った」という気分でいると、お金がある状態と同じ気分とは言えませんので、やはりお金を引き寄せる事はできないという事になります。

 

恋愛も「恋人がいなくてさびしい」「振られて悲しい」「好きな人がほしいのに出会いもなくて焦っちゃう」という気分が主であれば、望むような恋愛を引き寄せる事はできないのでしょう。

 

つまり「望むものと同じ波動になる」ということは、望んだことが実現した時の自分と同じ気分になる、すなわち気分の先取りという事になります。

 

でも私のように「仕事辞めたいな、でも無理だろうな…」と、どうしても不安要素が浮かんでしまう方に更にソロモンからアドバイスがあります。

 

「不安な事は後で考える事にして、今は幸せな気持ちになれることを先に考えてみよう」って。

 

私で言えば「仕事を辞めるのは無理って思っちゃう、でも今その心配をするよりも、今日のお昼に何食べようかとりあえず楽しみにしようかな。夜のアシスタントの仕事の時、原稿見るの楽しみだな~」みたいな感じかしら。

 

というわけで、今日はこの練習をしてみたいと思います☆

ついつい不安や心配が浮かんだら「今はその心配をするよりも…」と心配をどっかに置いといて、今楽しめることを考えるようにしてみたいと思います!

 

 

物語で読む引き寄せの法則 サラとソロモンの知恵

物語で読む引き寄せの法則 サラとソロモンの知恵