読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由でたのしい毎日

引き寄せの法則をかんたんに、おもしろおかしくやってみる方法を書いています。(旧引いたタロットカード解釈します)

受け取る準備を整える練習をした結果

受け取る練習について、さっそくコメントをいただきありがとうございました。

今日は練習してみた結果について書いてみようと思いますので、もしみなさんもやってみていましたら、どうだったか感想を書いてもらえると嬉しいです!

なんのこっちゃワカランという方は昨日の更新をお読みくださいませ。

受け取る準備を整える練習 - 自由でたのしい毎日

 

 

 

まずやってみて思ったことは「意外と否定的な事ばかり言おうとしている自分がいる」という事でした。ブログにしてもtwitterにしてもメールにしても、ついつい嫌な気分になってしまう方向性の事を言いたくなります。

 

例えば、夫から「家のあたりが吹雪だった」とメールが届きました。その時、私のいる職場は晴天でした。もう清々しいくらいの美しい青空。なのについついいつものクセで「帰りも吹雪だったらいやだなぁ」なんてツルツル滑る帰りの雪道を想像して、気が重くなりながら返事しちゃいそうになりました。

 

でも夜になっても吹雪かどうかは解らないですよね。天気予報を見たら雪マークも出てなかったし。だから「うちの会社のあたりは晴れてるよ。夜はうちのあたりもいい天気だといいね」と返事をすると、私の気分もなんだかちょっと明るくなりました。

 

 

他人の話にも耳を傾けてみました。

 

私がお局様から引き継いだ業務があり、上司は毎年その業務の関連でとても面倒な思いをしていました。自治体が推奨しているラクな方法があったので「来年、この方法を検討したらどうですかね~」と軽く世間話程度に伝えると、上司は「詳しくは解らないけど、もしできるなら楽になりそうでいいね~」と言って、時間がある時に詳しく調べてみることになりました。

お局様は「私もよく解らないんだけど、それはとても難しく大変かもしれませんよ。余計に手間が増えるかもしれませんよ」と言い出しました。

 

まだやるかどうかも決めてないし、詳しく調べてどうなのか考えてみないとまだわからないことに対して上司は「楽になりそうでいいね」という返事、お局様は「とても難しく大変かもしれない」という返事。

どっちが正しいのかは解りませんが、どっちが受け取る準備が出来ているのかは一目瞭然ですね。

 

こんな風に他の人の会話を観察してみると、なかなか面白いです。

 

そうしてできるだけ良い気分になれる言葉を意識していると、とても心が穏やかで平和でした。悩みも何もなく、満たされていて、落ち着いている感じ。帰宅後、いつもならイライラして「子供の宿題をちゃんとやらせなきゃ…」とか「急いでごはん作ってお風呂わかせて…」なんてやることで頭がいっぱいで疲れてしまうのも、なんだかいつもより落ち着いてできたような気がします。

 

子どもとはカードゲームで遊んだりしながら、いつもより早めに宿題を終わらせ寝る準備をすることができました。

 

いつもは必死になって急いでいるのに時間がなくカリカリしていたのに、昨日はゆっくりしているのに時間に余裕があり穏やかな時間を過ごすことができました。

 

心の余裕が時間の余裕にそのまま反映されてる…?

なんて感じた次第です。

 

そして、心の余裕は自分が意識することで創れるんですね!

 

ゆうべは「私が一番ほしいのってこの毎日が穏やかで心に余裕のある状態なんだよな~」なんてしみじみ感じながらゆっくり湯船につかっておりました!

 

これからもできるだけ、自分が発する言葉に意識してみたいと思います。

 

 

 

物語で読む引き寄せの法則 サラとソロモンの知恵

物語で読む引き寄せの法則 サラとソロモンの知恵