読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由でたのしい毎日

引き寄せの法則をかんたんに、おもしろおかしくやってみる方法を書いています。(旧引いたタロットカード解釈します)

サラとソロモン3巻 感想

引き寄せ系読書感想-サラとソロモン 引き寄せ系読書感想

最近コメント欄を開放しております。もしよろしければご感想等いただけたら嬉しいです。

現在は引き寄せの法則やタロットカードに関する質問等にはお返事しておりませんのでそれだけご了承ください。

また、体験談やその後の経過をメッセージでお知らせくださる方、いつも本当にありがとうございます。お返事はなかなかできないのですが、全て目を通して、進展があることを心から喜んで遠くからではありますがエールを送っております。これからもがんばってください☆

 

 


サラとソロモン3巻もそろそろ終盤です。

3巻は私がよく躓く部分をとても詳しく、そして「やっぱりそうなのか~」という事が書かれていました。

この本は、他の本と違って物語の中に入り込み、サラやセス、アネット、そしてソロモンのみんなと一緒に引き寄せの法則を学べるところです。読み進める間に、私は登場人物たちと同じ疑問を抱くようになります。そこがこの本のスゴイところです。

 

「やっぱりそうなのか~」と感じた部分は、願いは一度浮かべたら、あとは気にしないでおく!という部分です。

よく言われる手放すとか、忘れるっていうやつですね。

 

願いを浮かべたけれど、叶うかどうか自信がなかったり不安だったりして気にしすぎると、ソロモンが言うには「受け取る準備が整っていない状態だから実現しない」という事でした。

言葉だけ読んでもパッとしない方はぜひ本書を読んでください!登場人物と一緒に引き寄せの法則に関するコツを体験しながら学ぶことができます☆

 

言われてみれば、私が恋愛でうまくいく時は、相手の気持ちを確かめようとか何とかうまくいくように考えるよりも、恋愛のことを考えると落ち込むならそのことは考えずに済むよう友達と遊んだりして他の楽しいことで時間を過ごしていました。

 

不思議な事にそうしていた方が、好きな人から連絡がきたり、会えるはずのない日だったのに会う事になったりと、うれしいことが起きるんですよね。

 

もちろん、願いを浮かべている時にとてもワクワクして楽しい気持ちになるならそれは素晴らしいことだからOKです!

 

私もそうなのですが、何度も同じ願い事を浮かべるときって、レストランで頼んだ料理が自分だけなかなか来なくて「まだかな~」っていう、待ちぼうけをくらっているようなあまり良い気分ではない状態なんですよね。

 

本当は周りの料理を運ばれている人を見て「まだ~?」っていう気持ちよりも、「次々に届いているから、そろそろ自分の番かな♪」って待てれば最高なんですけど☆

 

願いが叶わないと感じてしまい良い気分ではない時、願いのことはいったん置いといて、他の楽しい事をしながら日々を過ごそうというソロモンからのアドバイスでした。

という事は、私も「なかなか会社辞めるチャンスこないよ~」とか「そうは言ってもなかなか連載なんてもらえないだろうな~」「海外旅行に行きたいのになかなかチャンスがない…」なんていう風に願いがどうなるか気にして待つよりも、「こうなりたいな~」「こうしたいな~」というのを浮かべたら、あとは他の楽しいことを過ごして、できるだけ気にしない方が良い気分でいられるのでしょうね。

 

だからこそ、一度書いたら放置してしまう願いごと手帖や、ドリームボードの願いの多くが叶っているのかもしれません!

よく「忘れた頃に叶う」っていうのは、こういう状況なんでしょうね!

 

願いのことを考えてなんだかあまり良くない気分になるくらいなら、もう既に発信済みなのであとは引き寄せの法則に任せて、自分はただ楽しい気分でいられることをしていたらOKってことなんですよね~!

 

思い返せば、「チラッ」としか浮かべてないのに、何故かその通り実現してしまった!っていう事、多いですし。

 

サラとソロモンの内容で気に入っている所は、「自分の幸せ」に終始していることです。

お金を得られるとか、希望の仕事に就くとか、そういうこともどんどん欲張っていいのですが、お金をたくさんもっていても孤独を感じていたら幸せじゃないかもしれないし、私のように希望の仕事に就いたのに人間関係に悩んで辞めたくなっちゃうことはよく聞く話かもしれません。

 

ということは私たちは何も特定のものを手に入れたいというよりかは「常にこんな気持ちで日常を過ごしたい」というものが大切になってくるんだと思うんですね。

 

私は「自由だ~!」と感じたり「ああ楽しい♪」と感じることが大好きです。

そういう風に思えるのなら、きっと漫画家になるとか、そういう方法に拘った話でもないと思うんですよね。

私はわりと「今日は自由だな~」とか「毎日なんて楽しいんだろう」と家族と一緒にいて思えるので、ちゃんと引き寄せの法則は叶えてくれているんですよね。

とくに私の家での服装なんて相当自由ですからね…!(適当とも言う)

 

もちろん今はやりたい事だから漫画家を目指していますが、そこに拘っては本来の自分の望みを見失ってしまうのではないかと思うんです。

そして日頃ちゃんと存在している、楽しい時間や自由な時間、そのために私に協力してくれる方々への感謝を忘れて落ち込んでいたら色々失礼だよな…と反省。

 

私だって毎日ルンルンではないし、お局様とは相変わらずうまくいかず、良い気分でいよう♪とちょっと気分があがってきた時に谷底に突き落とされるようなこともあります。毎日wwww

でも私は別にいちいちそれに影響されて落ち込む必要もなければ、メリットもないし、どんなことがあっても常に自分のために良い気分でいれるようにしていたらそれでOKなんですよね。

 

そう思えてきたら、とても肩の力が抜けてとっても楽になってきました。

 

お局様を変える事もできないし、私は永久にここにいるつもりもないし、神様に「ずっといちゃダメだよ」ってオシリを叩かれているような気すらしています。

そう思った方が気分がよいので、そう思う事にします♪

 

こんな風に考えていたら、一緒にランチをした友人(仕事でよく海外に行く)に、安く海外旅行のツアーに行く方法を教えてもらいました♪

さっそく理想のツアーがないか帰宅したら調べてみよっと♪

 

 

↓緑っぽいほうが3巻だよ! 

物語で読む引き寄せの法則 サラとソロモンの知恵

物語で読む引き寄せの法則 サラとソロモンの知恵