読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由でたのしい毎日

引き寄せの法則をかんたんに、おもしろおかしくやってみる方法を書いています。(旧引いたタロットカード解釈します)

引き寄せの法則Q&A 他人の状況もうまく引き寄せられるのか?

引き寄せの法則 引き寄せの法則-Q&A

ヒノさんからご質問をいただきました!ありがとうございます。

Q&Aの質問受付はいったんお休みします。

ご協力くださったみなさま、ありがとうございました。

取り上げられなかった方、ごめんなさい。またの機会に…と思いましたがその頃には解決してスッキリしているという事を願っております!

 

解釈さん、はじめまして。
いつも楽しく拝見しています。

願い事手帳に書いたら自分以外のことも良い方向に - 引いたタロットカード解釈します


この記事について質問なのですが、他人の状況もうまく引き寄せられるのでしょうか?

 

私の主人の話なのですが、真面目で頭もいい人だと思っているのですが、何故か仕事が続きません。

 

人間関係とかでもなく、以前の職場では「お前ならどこでもやっていける」と言われるようなタイプなのですが。

 

「20時までにはだいたいの人が帰れる職場です!」

→入ってみると旦那の部署だけなぜか23時が当たり前

 

「前はゴリゴリの営業会社だったけど、変えて行っているところです」

→そう言った張本人が、前みたいなゴリゴリの営業会社に戻して行っていて、社内で辞める人続出

 

みたいなことが続いています。

 

それに主人自身の営業成績も振るわなく、取れそうな契約が他の人の手に渡ったりと、タイミングが悪いことも続いてるそうです。

マンションを購入し、融資実行まであと半年あるので、まだ転職はできませんが、せめて半年間心穏やかに過ごせ、楽しくできる仕事に転職して欲しいなと思っています。

 

しかし前回の転職の時も願いごと手帖に同じ願いを書き、今の現状です。

 

まぁ自分のことなら「これも必要なプロセスなんだ」と思えなくもないですが、引き寄せ等に理解のない主人にそんなことを伝えても理解してもらえるわけもなく、激務で大変そうです。

(実際、今の会社だからこそ、勤続年数1年未満でもローンが通ったところはあるので、あながち間違いでもないとは思いますが)

 

他人に関する引き寄せは難しいという意見と、自分の経験として他人の経験を引き寄せることは可能だという意見、両方見かけます。

 

私としては後者であって欲しい気もしますが、私自身が心配症で、主人の仕事についても「また続かないかも・・・」「営業成績悪くてクビになったらどうしよう」などと、心配を張り巡らせてしまうタイプなので、いい結果を引き寄せるのも難しい気がしますが・・・。

 

主人の仕事についても、いつも心配してるわけではなく、「まぁ何とかなるやろ~」って気持ちでいると、数週間くらいで、この気分を叩きのめされるようなことばかり起きて、なかなか信じることができなくなっています。

 

何か私の心に変な観念があるのでしょうか?

本当に「最近心穏やかに過ごせてる」って時に限って、その気持ちを維持するのが難しいことばかり起きてまいってしまいます。

 

それでも「いい気分」を意識しておけば、うまく回り出すのでしょうか?

自分がどの感情を選ぶのかは自分次第だとわかっていても、「いい気分」ができていると思っている時に限って、イマイチなことが多い気がします。

 

3年ほど前に「引き寄せ」を勉強していた時には、「こんな悪い気分になってちゃダメだ」と自分の感情に気を払い続けた結果、考えることが怖くなり、ついに発狂して本を全部捨ててしまいました(笑)

 

最近やっとゆるい気持ちで期待せず取り組めばいいかな~、という気分で再開したとこです。

 

そもそもこんな私には向いていないのでしょうか。

 

お忙しいとは思いますが、何かヒントを頂けたら幸いです。

寒いのでご自愛されてくださいね。

 

引き寄せの法則で他人の状況を自分の思い通りに変えられるか…というご質問でしたが、私の答えはNOです。

 

自分が変えられるのは自分だけです。

 

これはサラとソロモンでもとても詳しく書かれているので、このあたりを知りたい方は一度読んでみてほしいなと思います。

 

ただ引き寄せの法則は人それぞれの解釈の仕方や楽しみ方がありますので「思い通りに変えられる」という人もいるかもしれません。

ただ私は、例え他人の幸せを願ったことだとしても、自分の価値観や都合で勝手に他人を変えようだなんて考え方はなんだかイヤなんです。私も他人に左右されず自由でいたいしね。

 

しかしながら、自分がその人を見る目を変えて、見た時に感じる気分を変える事で、その人が変わったように感じる事はあります。

 

ヒノさんで言えば、ご主人が仕事で苦労をしている側面もあれば毎日会社で真面目に働く努力家な一面、家族のために大きなローンを抱えてマンションを購入しようとする頼もしい側面等、色々あると思うんです。

うちなんて賃貸のマンションだから、ローン組んでマンション買おうだなんてそうとう頼もしいご主人だと思うわ?住宅ローンが通るような素晴らしい会社に採用されてる事も素晴らしいと思います。

 

ヒノさんがいちばん安心できるご主人の側面を見つけて、そういう視点でご主人を見つめるようにしてください。

その時、ほっとしたような安心できる気分を少しでも今よりは感じられるのでしたら、そのほっとした気分に反応してご主人のヒノさんが見たい側面が強調されていきます。

 

ひとの中にたくさんある側面のうち、自分が見たいと思ったものが強調されるだけなのですが、結果的には変わったように見えることになるでしょう。

 

「こうして、思考は現実になる」という本で、黄色い車を見ようと意識すると、たくさんの黄色い車を見るという実験があります。これは自分が見たいものを意識すると、それが強調されるという引き寄せの法則を体感できるワークなんですね。

成功すると「黄色い車だ!」とちょっと嬉しい気持ちになるので、また黄色い車を見て嬉しい気持ちになる状況を引き寄せます。結果的に「黄色い車をたくさん見た!やったー!できたぞー!」という実験結果になるはずです。

これと同じ☆

 

私も母の「苦労している側面」よりも「自分でいつも何とかしてきた力強い一面」を見るようにしました。これまで色々な事を乗り越えてきた母だからこそ、きっと大丈夫。自分にできることがあれば助けたり、どこかに連れていって楽しませたりならできるし。そんな風に考えて、できるだけ母の事を考えた時に心配よりも、母の頼もしい所を思い出すようにしていました。

頼もしい一面が強調されたのか、いろいろなことに踏ん切りをつけて一気に難題を2つ片付けて、単身で海外に遊びにいっちゃう母の姿はやはり頼もしいものでしたw

 

とりあえず、ヒノさんは「いい気分」とか「引き寄せの結果」ということに囚われず、ご主人のどんな一面を見つめていたいかという事を考えてみてほしいなと思います。

 

ご主人の心配になる側面を見ていれば、心配になる部分が強調されるから、自分にとってもっと心配になるようにご主人が見えてきます。ご主人がもっと心配な状況になるのではなく、ヒノさんの視点が「心配」を選んでいるから、もっともっと心配になる部分が見えてくるんですよっていう事ですね。

 

変な観念とかではなく、ヒノさんのご主人を見る視点がどうしても心配が主になっているのだと思うんです。

 

黄色い車を見ると決めたら黄色い車がどんどん目の前を走り出したように見えますが、実は前から黄色い車なんてのはたくさん走っているわけです。黄色だけではなく緑、青、黒、オレンジ、ピンク、白、紫、銀色、グレー…様々な色の車があります。

 

ひとの側面も車の色と同じで、様々な側面があり、自分が見ようと決めた側面を見る事で、それがどんどん強調されていくことになります。でもどの側面も常に前から存在していただけで、自分が見ようとはしていなかっただけなんですね。

 

ヒノさんがもしご主人の「マンションを買う決断をするなんて、頼もしい!」と思う事があれば、頼もしい一面を見ようと決めれば、頼もしい一面が強調される日々になっていくでしょう。

 

いい気分でいればいい気分になる事を引き寄せるのは本当。

でもそれを気にして疲れちゃうくらいなら、気分とかとりあえず気にしないで、ご主人の色々な側面のうち、一番好きって思う所を見る!って決めてみたらどうかな。気分は気にしないで「ここを見よう!」と心の中で一度だけ宣言するのみ。

 

ちなみに会社員って無断欠勤繰り返して音信不通でも裁判所で公示通達っていうの出してそれでも連絡がとれない場合はなんとか解雇してもいいよっていうレベルだから、営業成績が悪いくらいじゃ普通は配置転換はあるけどクビにはできないのよ。だから大丈夫よ。

 

引き寄せの法則は向き不向きではなく、正しく自分の心を理解しているかどうかがキーです。

自分の心にウソをつくと辛くなりますから、いかに自分の心にウソをついたり、抑制したりせず、素直に自由でいられるかが大切なんです。

いい気分かどうかより、自分の気持ちに素直かどうかにも一度考えてみてもらえたらと思いました。

 

まとめ

  • 引き寄せの法則がはたらくのは自分だけ。
  • 他人を見る視点を変えると、自分にとってその視点を強調するような状態になるため、他人が変わったように見えるが、それはそもそもその人自身がもっていた側面のひとつにすぎない。
  • いい気分よりも自分の心に素直になれているかどうかを大切に!

 

 ご感想をいただきました!

 

ヒノです。お世話になっております。
最新の記事を読ませて頂きました。

解釈さん、今回は私の悩みを取り上げてくださりありがとうございました。
あの時は悩みまくってわらにもすがる思いでメールをさせて頂きましたが、
元のお母様の記事を冷静になって読み返してみると、
結構色々書かれてあるのに気付いて、恥ずかしかったです。
こんな私のメールを取り上げてくださり、本当にありがとうございました。

主人に対して、いきなり安心するというのは難しいので、
「いい側面を見る」というのはとても素敵な手だな、と思いました。
仕事のことに固執してしまいましたが、仕事以外にもいいところは
たくさんあるので、そこを見つめたいと思います。
確かにマンションを買うっていう決断も自信がなきゃできないですよね。
どうも何を考えてるかわからない主人で、自分の好きなように生きてるようにしか見えず、そこをいいところと捉えるのが難しくなっていました。
(「なんでこんな急なタイミングで買ったんだろう」くらいに思ってしまってました)

 

自分の好きなように生きる主人にやきもきもしましたが、そういうところは型にはまって生きてしまう自分にはないところで、うらやましくもあり尊敬できるところでもあります。
好きに生きるっていうのはある程度自信がないとできないことだし、そういう側面を見ていきたいです。

サラとソロモンは読んだことがないので、今度手に取ってみたいと思います。


確かに、私の価値観で主人が幸せそうに見えたとしても、それ自体が主人の幸せとは限りませんもんね。
「主人の好きに生きることが一番」と言いつつも、「幸せはこうあるべき」というのを自分で制限していたように思います。
私はもともと「○○であるべき」という思考がすごく強いので、改めてそこを再認識いたしました。

 

黄色い車の実験の話もありがとうございます。
つい最近別のところでこの話を目にした時は、「黄色い車を引き寄せるのか?」
と思ってたんですが、そうじゃないのですね。
見ようと意識すると、それが強調されるっていうのは、スピ系の観点で脳科学を少し勉強してる人から聞いた話でもありました。
色々「引き寄せ」とかで難しく考えていましたが、「それだけのことか!」と気が軽くなりました。本当にありがとうございます。

 

解釈さんのおっしゃる通り、私は「引き寄せの結果」に固執しているのだと思います。
そうではなく、自分の見たいものを見る!ことを考えていきたいと思います。

「引き寄せ」をはじめてから、どうしても自分の気持ちを抑圧してしまい、苦しいことが多かったのですが、その辺は全部無視して、まず自分の心に素直になりたいと思います。
まだまだ自分の心も「一般論ではこうだから~」という考えに支配されているのを自分でも感じますが、そこに気付けていることを第一歩として、素直になることを意識したいと思います。


本当にありがとうございました。

 

ご感想がもらえるのは、とてもうれしいです!

 

そうそう、黄色い車のところ、解っていただけてよかった☆

 

自由に好きなように生きれる旦那様、魅力的だと思います。私も自分の旦那さんが自由に自分のやりたいことをやっている所が好きなので!

だから私も自由に好きなように生きていいんだな~と思うし、ヒノさんも自由に好きなように生きていいんですよね。

 

何かを考えてはいけないとか、何かを考えなくてはいけない…というのも自由じゃなくて何かの本とか誰かの意見に振り回されてしまっている状態。自分の正直な気持ちとは違っているから、モヤモヤしたり、何かイヤな気分になっちゃったりするんですよね。

 

新居のマンションですてきな旦那様と末永くおしあわせに!!

 

 

サラとソロモン―少女サラが賢いふくろうソロモンから学んだ幸せの秘訣

サラとソロモン―少女サラが賢いふくろうソロモンから学んだ幸せの秘訣

  • 作者: エスターヒックス,ジェリーヒックス,Esther Hicks,Jerry Hicks,加藤三代子
  • 出版社/メーカー: ナチュラルスピリット
  • 発売日: 2005/11
  • メディア: 単行本
  • 購入: 3人 クリック: 31回
  • この商品を含むブログ (12件) を見る
 

 

 

こうして、思考は現実になる

こうして、思考は現実になる