自由でたのしい毎日

引き寄せの法則をかんたんに、おもしろおかしくやってみる方法を書いています。(旧引いたタロットカード解釈します)

ハイヤーセルフや内なる存在に関する自分なりの解釈

今日はもいっこ更新しちゃおっと!

 

解りづらいスピリチュアル用語を私なりの解釈で説明したいと思います。

 

ちなみに解釈はひとそれぞれで、書かれているご本人と違う意図だったり、私の文章を読んで「なんか違うな」と思う方もいるかもしれません。

正解はありません。自分がどう感じたかが、一番正しい答えです!

でも、私なりに納得して気分がよくなれた解釈をしてみましたので書いてみます。

 

今回はハイヤーセルフや内なる存在等に繋がるという事について。

 

 

ハイヤーセルフや内なる存在、もしくは内なる声と呼ばれているものは全て自分の無意識だと思っています。

 

ここでいう無意識とは、自分でも知らないうちに抑え付けてしまっている、本来の自分の「好き」とか「嫌い」とか「楽しい」とか「つまらない」とか感じている自分の正直な部分です。

 

私たちはこれまで肉体の成長とともに、心も成長させてきました。

その中で常識というものを身に着け、他人を敬い思い遣り、慢心せずに謙虚に生きていくことをよしと学んできた方も多いのではないでしょうか。

 

子どもの頃なら欲しいお菓子やオモチャがあれば「ほしいほしい!」と目を輝かせて欲しがっていたものが、大人になるにつれて「今はお金がないから」とか「欲しいけど贅沢である」という風に我慢することを覚えてしまい、素直に欲しがれなくなってしまっているんですよね。

 

子どもの頃は純粋に、手に入るかどうかなんて気にしないで「ほしいなぁ~」とワクワクして自分の欲しがる気持ちに素直だったのが、大人になるにつれて「ほしいけど、でも今すぐは無理だなぁ…」と今手に入らない切なさにフォーカスしてしまうようになってしまう傾向があると思います。

 

この「今すぐは無理だなぁ…」と自分の欲求を意図せずセーブしてしまう状態は、心の成長とともに培われた機能です。

誰にでもあって当たり前なんですね。

 

今は我慢するしないは置いておいて、ただただ単に「ほしいな~。こんなのあったらいいだろうな~」とか「あんな所に行けたら楽しいだろうな~」「こんな仕事に就けたら最高だろうな~」「こんな素敵な人と結婚できたらいいなぁ~」という風に、自分の無意識から自然とわきあがる欲求、そうした声をあげているものが、いわゆるハイヤーセルフだとか内なる存在というものだと考えています。

 

要するに究極に正直な自分がハイヤーセルフや内なる存在って事ですね。

 

ハイヤーセルフや内なる存在に繋がるということは、「現実的に…」だとか「常識的に考えて…」ということは置いといて、究極に自分の気持ちに素直になり、本来の自分の望みに気づいてあげるという事なのでしょう。

 

私で例えたら「もう30代後半だし…」とか「子供もいるのに…」なんていう事を気にしないで「アニメや漫画が好きだー!ドゥフフフwwww」って素直になるような感じですかね。なんか気の利かない、おしゃれじゃない例えでいつもながら申し訳ないです。

私のハイヤーセルフもしくは内なる存在はアニヲタですって夢も希望もない感じでほんとすみませんね。

 

なんかタイガー&バニーっていうアニメ見たら私のハイヤーセルフがひどく喜んで、コミケに行って同人誌買い漁ろうって言ってるの…みたいな…?

でもこれが本来の私…(要するにオタク

 

大人になってコミケなんて恥ずかしい…って今まで思っていましたが、もし行けたら…と思うとめちゃくちゃワクワクしちゃう自分がいます。改めて私はオタクなカルチャーが好きなのだと解り、ハイヤーセルフ、内なる自分、つまりは正直な自分にようやく繋がれたような気がしたのでした。

 

まあでも、ハイヤーセルフとか内なる存在ってそういう程度なんだと思うんです。

新しいものでも崇高な存在でもなんでもなくて、ずっとずっと生まれた時から一緒にいる、自分の好き嫌いをちゃんと解っている自分自身。

 

あんまり難しく考えないで、好きなものは好き、嫌いなものは嫌いと、シンプルにいきましょう。

自分自身のその好き嫌いの感覚が、自分にとって最も正しい感覚なのです。

 

肩ひじ張らずに、心の中だけでも自分の好きなもの、嫌いなものを否定しないで素直になってみると、ちょっと世界が変わってくると思いますよ☆

 

とりあえず今はドラム式洗濯乾燥機がほしいーーーーーーーー!!!