自由でたのしい毎日

引き寄せの法則をかんたんに、おもしろおかしくやってみる方法を書いています。(旧引いたタロットカード解釈します)

お金がたくさん入ってくる思考の向け方

昨日の応用です☆

 

好きな人から連絡の来る思考の仕方 - 引いたタロットカード解釈します

昨日は「ポストを見るたびに請求書を見ては落ち込むから、またポストを見ると落ち込む出来事を引き寄せる」のと同様に「携帯を見ては着信のない画面を見て落ち込むから、また携帯の画面を見た時に落ち込む出来事を引き寄せる」というお話をしました。

 

好きな人から連絡がきてほしい人ほど、携帯の画面を見るときには嬉しいことを引き寄せられるよう、携帯の画面を見て気分がよくなる考え方を見つけようという事でしたね☆

 

不安や焦りを無理やり抑えていい気分になれっていう話ではなくて、不安や焦りもある上で、どうしたら自分が携帯を見た時に気分よく安心して過ごせるか、自分にとってしっくりくる考え方を見つける事がポイントになります。

 

例え時間がかかったとしても、自分が落ち着ける考え方を見つける事こそが一番の近道なのです。

 

そんでは今日はこれをお金に応用しましょう。

 

お金がたくさん入ってくる思考の向け方

お金を支払う時、請求書を見た時、たくさんの引き落としのある通帳を記帳して確認した時、ため息が出ますか?

それともヤッホー♪って明るい気分になりますか?

私はもちろん、ため息ですw

 

結論から言えば、お金は実はスピリチュアルでも何でもなくて、ただ単に「出ていくお金」にフォーカスするのか、「お金で得たものの価値」にフォーカスするのかで世界が大きく変わります。

 

生きていく上でお金がかかることはどうしようもないです。

お金は絶対に必要なものなのです。

あればあっただけ、貯蓄も含めて、手元からどんどん去っていくものなのです。

 

上記のような考え方じゃなくてもいいので、あなたにとって「お金の現実」とはどういうものか一度考えてみてくださいね。

この「手元から必ず去っていく」という現実を、どう気分よく受け止めるかがポイントになってきます。

 

「なくならないでほしい、でもたくさん入ってきてほしい」という事を考えると、たぶん、多くの人はあまりいい気分になれないのではないでしょうか。たくさん入ってきたとしても、なくなってほしくないので、やはり、お金を使う時に嫌な気分になる状態を引き寄せてしまうのだと思います。

 

日常、お金を得るシーンよりもお金を使うシーンのほうが圧倒的に多いので、お金がお財布から出ていく時の気分こそが肝心なのです。

 

というわけで、使う時に気分よく使うようにしたらどうかと考えてみました。

 

そもそもお金を使うという事は、支払った金額の分だけ何かの恩恵を受けていることになります。

何もないのにお金を出すという事はなく、恩恵を受けた対価として支払っているのみです。

 

蛇口をひねれば水が簡単にたくさん出てくることも、スイッチを押せばあらゆる便利な家電が動きだし、室内の温度は快適に調整される。水道光熱費は便利な世の中ゆえの素晴らしい恩恵なんですよね。

 

おいしいものを誰かが作って自分は食べることを楽しむだけな外食だって、素晴らしい恩恵です。

携帯電話の使用料も、家賃も、全て自分が快適に楽しく暮らすために支払うものなんですよね。

お金を払うという事は、それくらい素晴らしい恩恵があり、価値のあることを既に体験しているのです。

 

例えば、フランス料理のディナーのコースが7~8千円したとします。

一見高く見えますが、フランスで修業を重ねたシェフが選りすぐりの食材と素晴らしい料理のために整えられた器具や環境でお客様を満足させようと素晴らしい料理をつくり、それを丁寧にウェイターやウェイトレスが運んで、食べ終われば下げて片付けてくれますよね。

これだけ恩恵を受けられるのであれば、高い安いの問題ではなく、その体験に自分が金額分の価値を感じられるかどうかなんです。

 

金額の奥にひそむ価値を見つけてください。

 

実はスピリチュアルでも何でもなくて、たぶん、普通の事ですよね。

価値を感じるからお金を払う。ほしいものがあるからお金を出して買う。

ただそれだけの普通の事なのですが、ものの価値にフォーカスするのか、出ていくお金にフォーカスするのかで全く世界が変わってくるのです。

 

ものの価値にフォーカスすると、使う時に気分がとっても良くなります。

いい買い物したな♪とか、美味しいごはんが食べれてよかった♪とか。

お金以上の価値を感じて満足できるようになるので、お金を使う時に良い気分でいられるようになります。

 

お金を使う時、良い気分になれる使い方を意識していたら、良い気分で使えるだけの十分なお金を得られるようにもなりました。

 

みなさんそれぞれ、自分の腑に落ちる「気分がよくなる視点」を見つける事がポイントです。

 

「お金を使う時」こそ日常で最もお金について考える時間の多い部分です。

だからこそお金を使う時にどんな気分でいられるかが一番重要になってくると考えております。

 

お金を使う時どんな気分になっているか、ちょっとだけ立ち止まって考えてみてくださいね。

そして自分にとっていい気分になれる「お金を使う時の考え方」を見つけてみましょう。

 

 

まとめ

  • お金が入ってくる時に喜ぶのは勿論、使う時も自分がいい気分になれる考え方を見つけよう
  • いい気分になれるお金の使い方を目指してみよう(値段ではなく気に入ったかどうかで選ぶ等)
  • お金を払う=素晴らしい体験をするという経験を小さな事から積み重ねよう
    (野菜や果物は値段ではなく鮮度や産地優先で買ってみるとかそのへんから☆)

 

 

ザ・シークレット

ザ・シークレット

  • 作者: ロンダ・バーン,山川紘矢,山川亜希子,佐野美代子
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2007/10/29
  • メディア: 単行本
  • 購入: 47人 クリック: 1,719回
  • この商品を含むブログ (189件) を見る