読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由でたのしい毎日

引き寄せの法則をかんたんに、おもしろおかしくやってみる方法を書いています。(旧引いたタロットカード解釈します)

いらぬクッション その2

引き寄せの法則 引き寄せの法則-潜在意識

いらぬクッションに気づいてからというもの、いかに自分がまわりくどい思考をしている上に、自分に何もかもを禁止していたのか…ということがわかってギョッとしています。

自分は自由になりたいと言いながら「頑張らないとビール飲むなんてとんでもない」「スイーツを食べるなんてご褒美なんだから普段はダメ」みたいに無意識に思っていたのですねー。

 

そうするとどういう現実になってくるのか…というと

 

ビールを飲むために頑張る必要のある現実

スイーツを食べるために頑張る必要のある現実

 

になってくるわけです。

 

別にそれがよいとか悪いとかの話ではありません。

ただ単に、それくらい潜在意識は単純に現実に反映されてるっていうだけなんです。

 

でも別になんも予定のない休日の昼間からビール飲んだっていいし、充実した一日の最後にビールを飲んでもいいし、好きなように自由にしてよいのですよね。

 

もちろん車に乗る前だとかは絶対にダメです。でも車乗る前にまでビールを飲みたいか?と聞かれたら、私は絶対に飲みたくありません。それは楽しくないし、飲みたい気分にはなりません。

 

あくまで自分が飲みたい時に飲めばいいのに、ご褒美だとか、頑張ったからとか、今日は落ち込んでるからとか、変な理由をつけて正当化するという事は、それだけビールを飲むという行動に罪悪感に近いものを持っているという事なのです。

 

すなわちそもそも自分に「ビールを飲むなんてダメだ」と言っているようなものですね。

 

っていうかどんだけ私はビール飲みたいんだよ…って話なんですけど…
例えという事で読んでくださいませ。

 

そういうわけで、素直でストレートな思考というものが大切なんじゃないかと思います。

 

「今の自分」は過去の自分の思考の結果です。

これまでの思考にはっと気づくことができたならば、次の瞬間から違う自分になることを自由に選べます。

 

私は自由に好きなようにビールを飲むし、スイーツ食べるし、昼寝するし…って煩悩ばっかりだな!

 

そんでは今日もすばらしい一日を♪