読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由でたのしい毎日

引き寄せの法則をかんたんに、おもしろおかしくやってみる方法を書いています。(旧引いたタロットカード解釈します)

サラとソロモン 読書中(現在の結論)

サラとソロモン―少女サラが賢いふくろうソロモンから学んだ幸せの秘訣

 

サラとソロモンを一読し終えた所で、現在の自分のこの本の結論をメモっておきます☆

 

 

全ては万事良好の流れにある。

 

ようするに、全ては常にうまくいっている。

 

私も今、すでにうまくいっている流れの中にいる。

これを読んでくださっているみんなも、うまくいっている流れの中にいます。

 

その流れの中にいることも、流れから外れることも自由に選べる。

 

流れの中にいる方法は「すべてはうまく行っている」と信じる事。

ただそれだけ。

 

流れから外れる方法は不安等の望んでいない嫌な感情を得ること。

 

どっちも簡単だから、簡単に乗ったり、降りたりできる。

 

だったらどっちがいいかなーというと、私は乗ったままがいい。

 

でも乗ったり降りたりしてもいいと思うし、降りっぱなしでもいいと思う。

 

そして私が万事良好の流れに居続けるかどうかは自分でしか選べなくて、他人には決して邪魔のできないこと。

 

 

 

「あの人のせいで嫌な気分になる」という事があったとしても、それは他人のせいではなく、自分自身で「嫌な気分でいること」を選んでいるだけ。

 

 

 

 

というのはですね…

 

さっき、お昼休みにルンルン気分でかぼちゃポタージュにお湯を注ごうと事務室内を歩いていたら、片づけのできない隣の席のお局様の机の周りにある大きな箱に足をぶつけて

 

うぐっっっ…

 

っとうずくまるくらい痛かったんですね…

 

片づけのできないおばさんのせいで!キー!痛い!

 

なんて一瞬思ったんです。

 

自分もおばさんのくせして棚に上げまくりっすよ。

 

でもまあ、お局様のせいで痛い目に遭った!と思ったとしても、私が万事良好の流れにいるのが変わるわけではないのですよね。

 

私はいつだって全てうまく行く流れの中にいるのに、「むきー!」って嫌な気分を持続させて下車するほどのことでもない…

 

なんて思うと、すーっと嫌な気分は消えちゃいました。

 

私が抱える怒りや不安は、万事良好の流れから降りるほどのものなのか…と考えると、たいていの事はなんだかそうでもない気がします。

 

私が頑張った方がいいことは、いかに良い気分でいられるか…という事だけなんですね。

 

ちょっと何か心配になることがよぎった時には「あっ、そうだ。全てはうまくいっているんだった」って思い出すと、不思議とほっとできる気分になれます☆

 

うーん、ソロモン、すごい!

 

ソロモンの教えのおかげなのでしょうか。

なんだか読み始めてから、とても気分がワクワクして、それに共鳴するかのようにワクワクしたり「楽しい」とか「嬉しい」と思える出来事が増えています☆

 

他のどの本よりも、引き寄せの法則の世界における「気の持ち方」を解りやすくレッスンしながら教えてくれる。

 

そして読み終わった後も、心の中にずっとソロモンがいます。

ソロモンなら何て言うかな?って考えると、ソロモンが答えてくれるかのように答えが明確になるんです。

 

私が「読みたいな」と思ったタイミングで図書館に鎮座していたサラとソロモンは、サラがいつも疑問に思っていることの答えを知りたいと思っていたらソロモンが現れたように、私にとっても必要な時期にあらわれてくれた本なのかもしれません☆