自由でたのしい毎日

引き寄せの法則をかんたんに、おもしろおかしくやってみる方法を書いています。(旧引いたタロットカード解釈します)

サラとソロモン 読書中(共鳴引力の法則)

サラとソロモン―少女サラが賢いふくろうソロモンから学んだ幸せの秘訣

 

サラとソロモン読了し、また再読しています。

最初はよく解らなかった部分も、改めて読むことで理解が深まります!

私、こうして読み終わった後すぐにまた再読するって今までありませんでした。

あ、漫画はよく読むけど…活字は…w

 

ブログでは内容の順番に沿って、印象に残った部分をおさらいする意味でまとめていきます。

気になる方はぜひサラとソロモンを読みつつ、ブログも読んでいただけるとより理解も深まってもらえるのではないかなと思います。

 

サラとソロモンは、サラを通じて私がソロモンから教わっているように体感できる本だと思います。

サラの悩みは幼い女の子特有のものだと思いますが、大人になってもだいたい変わらないので自分に置き換えて読むことができる内容で、それは多くの人に共感できるものとなっていると感じています。

 

 

今日は「同じ羽毛の鳥たち」という事についてです。

 

同じ羽毛の鳥たちとは 

 

同じ羽毛の鳥たち=類友

 

別名、共鳴引力の法則

 

同じ種類のものはお互いに引きつけ合うという現象の事です。

似た者同士とか、犬は飼い主に似てくるとか、そういうヤツですね☆

 

ソロモンはこれについてサラに宿題を出します。

 

「すべての人がこの法則の影響下にあり、その証拠となるものを探してごらん。

それを観察している時に自分がどんな気持ちを感じているか注意を払うこと」

 

 

サラが見たもの

  • 綺麗好き同士の老夫婦
  • 乱暴でいたずらっこな弟とその友達
  • 明るく楽しいお店の店員さんとユーモアのある会話を楽しんで良い気分になるサラ

 

しかし、サラが良い気分になっていると、そこに弟とその友達が自転車でやってきて、水たまりの上を走りはねた泥水がサラにかかり、サラは怒りでいっぱいになる。

 

そして、ソロモンが言っていたことの辻褄が合わないと思う。

 

同じ種類のものはお互いに引きつけ合うなら、自分は悪い子ではないのに、なぜ悪い子である弟とその友達に嫌な気分にさせられるのか?

 

そうして激おこなサラにソロモンは問いました。

 

「君の弟のジェイソンは誰を一番いじめて、それを一番嫌がっているのはだれか?」と。

 

サラは「自分だ!」と気づきます。

 

嫌いな何かを見て、それをどうにかしようと考えていると、その嫌なものに調和してしまい、繋がってしまう。

ゆえに、その「どうにかしようとしている嫌な出来事」が引き寄せられてしまう。

 

という理屈みたいですね。

 

逆に、望むことを見て、それがもし実現したらどんなに嬉しいか…ということを考えれば考えるほど、望むことに調和し繋がります。

ゆえに、その「実現したらどんなに嬉しいか」という出来事が実現するという風になります!

 

ソロモンは最後に、「たくさん練習が必要かもしれない」というサラにこう言います。

(要約です)

 

その通りだ。

練習の機会になるような人が、たくさん君の周りにいてよかったね。

これを楽しんでごらん。

 

自分の喜びは他人にかかっているのではないということがわかったら、その時は、本当に自由になれるんだ。きみが喜びを感じられるかどうかは、君自身が何に対して自分の注意を向けることを選ぶか、ということだけにかかっているんだよ

 

 

読んでみた感想

うをを…

あんさん、アタイが見えているのかい…?

 

f:id:kaishaku01:20140217103607p:plain

 

練習の機会になるような人、たくさんいるよwwwwwww

ヨカッタネwwwwww

 

 

私がこの本がすごく好きになった理由は、とにかくソロモンが「自由になる翼は何か?」という事を一貫して教えてくれている所です。

 

私は何と言ってもやっぱり「自由」が大好き。

自由でいたい。

 

ああ私は自由だ…って感じることが大好き。

 

かといって別に今何か不自由を感じていることはなくて、私は結構自由気ままに暮らしているほうだと思う。

 

だから漫画も絵も大好き。

自分の好きな世界を自由に描く事が楽しめるから!

 

 

そしてこの「共鳴引力の法則」に注目してみたところ、絵のブログの方に、こちらのブログを見てゆと森倶楽部に行くことになったという方からコメントをいただきました☆

 

ゆと森倶楽部行ったときのブログはこちら

ザ・シークレット再読と温泉と実現への近道 - 引いたタロットカード解釈します

 

私の「自由で居心地の良い素晴らしい宿」という気持ちが共鳴引力の法則によって、伝わっていったのかな?と感じる出来事でした。

 

みなさんも今日はぜひ、ソロモン先生の教える「共鳴引力の法則」がすべてのものに平等に適用されている…という事に注意して観察してみてください。

そして、観察している時の自分がどんな気持ちを感じているか、注目してみてください☆

 

 

それでは最高の一週間を♪