読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由でたのしい毎日

引き寄せの法則をかんたんに、おもしろおかしくやってみる方法を書いています。(旧引いたタロットカード解釈します)

サラとソロモン 読書中(罠について)

サラとソロモン―少女サラが賢いふくろうソロモンから学んだ幸せの秘訣

 

 

サラとソロモンの面白い所は、サラがソロモンからアドバイスをもらって問題が解決したような気分になりワクワクして過ごすと、本当に魔法のように一日が変わるのですが、そうして自分に自信がついた所でトラブルが起きて「なんで!?」となってしまう展開です。

 

もー、あるあるですよ…!

 

読んでいてとてもサラに共感できるからこそ、ソロモンのアドバイスが身に染みて理解できる内容なんですよね…

 

今日はソロモンが話していた「罠」についてお話しします。

 

 

罠とは?

ソロモンが話していた「罠」とは、他人や周囲の環境等、自分以外のもので自分が幸か不幸か決まったり、楽しいかついてないか決まったりしてしまう事だそうです。

 

そう、自分が幸せなのか不幸なのか、ツイてるのかツイてないのかを他人に影響されず自分でビシっと決められるようになれると最強だとソロモンはサラに伝えます。

 

例えば、

 

上司に怒られたから今日はツイてないよ…

 

と思う瞬間があったとします。

 

でも、その日寝る時に

 

「今日はランチが美味しかったから幸せな一日だったな」

 

って思うのも自由だし

 

「上司に怒られて最悪な一日だった」

 

って思うのも自由だし

 

「今日は怒られたけれど、明日は頑張ろう!期待されてる証拠だよ」

 

と切り替えても自由です。

 

 

出来事に対して決められた考え方・受け取り方はなく、前向き・後ろ向きとかではなく、自分自身が「これが一番しっくりきて、自分の気分がよくなる!」という考え方を選べるんです。

 

選べるのですが、やっぱり「あんなに嫌なことされたのに許せないよ!」とか「私は何も悪くないのに怒られるなんて納得いかない!」と怒りがおさまらない事もあると思います。

 

ソロモンは、それこそが「罠だ」と言っていました。

 

自分の気分が他人に左右され、それは仕方ない事で当たり前だ!

だって許せないようなことをされたんだ!

 

というのは罠なんですね~

 

うーん…

 

私は最初これを読んだとき受け入れがたい所は正直ありました。

 

だって

 

会社に行きたくないのはお局様が嫌いだから!私は悪くなーい!あんな変な人たち4匹も飼ってる会社が変なの!って思ってたからw

 

サラもソロモンにそういわれても「だってあんなに嫌なことされたんだよ」と語り、受け入れられない様子でした。

 

でもソロモンはサラに同情はせず淡々と伝えます。

 

「じゃあ怒ったり、相手に注意をしたり、仕返しをすれば、それは解決することなのか?」

 

と。

 

ソロモンさん、マジ冷静っす…

f:id:kaishaku01:20140214110907p:plain

 

じゃあどうすればいいのか

昨日の記事を読んで下さった方や、サラとソロモンを読んでくださった方、既に読んでいる方はお気づきだと思いますが、

 

怒るとか仕返しするとか許さないという気持ちを抱き続けるという事は

 

「苦しみの鎖」に繋がる事なのですよね。

 

仕返ししても、相手を注意しても、怒りを持続させても、楽しくないと思います。

 

それに解決もしないと思う。

下手すると余計にこじれちゃったりしますよね。

そんでさらに嫌な気分になって…

ああ、苦しみの鎖…!

 

本当に注意をすることが必要なケースはあると思うけれど、怒りに任せずに冷静に伝える等のお互いが良い気分で解決できる方法をとるという事は選べますよね。

 

 

まあ中には絶縁した方が気分が良いというレベルの事もあると思いますが…

 

 

細かいこと言い出したらキリがないけれど、ポイントは「自分の感情」なんです。

何があろうと自分の感情が「良い感じ」になる考え方を見つけて選ぶことです。

 

嫌な感じの出来事があった時に、そのまま嫌な感じを持ち続けるのか、良い感じに切り替えるのかは自分次第で自由に選べるのです。

 

嫌な気持ちになることは不可抗力ではありません。

出来事があった瞬間嫌な気持ちになるのは当然でも、その後、それを持続させるか切り替えるかは選べるのです。

 

自分の気持ちは誰にも何事にも左右されるものではなく、自分で選べる

 

これを「知る」ことが、罠にハマらずに望むものに繋がり続けるためのポイントになります☆

 

そのための練習がやはり「味わい愛でること」ですね!

 

 

サラとソロモンを読み進めるにしたがって、どんどんマイナスの感情を持つことのメリットって何もないんだな…と感じるようになりました。

 

こればかりは理屈よりも自分で実感しないと、自分が変わらない事だったと実感しています。

という事は私ちょっと、変われたかな?w

 

以前よりも意識して良い気分を選んで過ごすようにしていると、職場でも以前よりお局様に変なことは言われないし、基本的には優しい人たちだっていうのを思い出せるようになってきました。

 

自分がどう考えるか?を自由に選ぶことで、日々の穏やかさってこんなに違うんだなと実感しています。

 

サラのように「ただ穏やかに日々を楽しく過ごしたい」という方は、ぜひぜひ一度読んでもらえたらと思います!

 

 

最後に

サラとソロモンの本の内容にそって書きましたが、結論として

 

「なるべくいい気分でいる考え方・行動を選ぶこと」

 

が最大の本日のポイントでございます!

 

 

関東や関西では大雪のようですが、珍しい都会の白銀世界を楽しみつつ、素晴らしい週末を過ごされますよう願っております!