自由でたのしい毎日

引き寄せの法則をかんたんに、おもしろおかしくやってみる方法を書いています。(旧引いたタロットカード解釈します)

引き寄せの法則★具体的な成功への方法とは

この前の更新にて

引き寄せの法則とは自分の力で何事も成し遂げることである。
今までの経験から「無理」と思われるようなことでも、それが自分がやりたい事ならば必ずできる力が誰でも備わっている。
自分を信じよ!


というお話をいたしました。

たぶん、こういう内容だったと、思います…(・∀・)

今回は「自分の力って言ったってどうすりゃいいのよ」というお話です。


結論から言うと


毎日自分が「楽しい」「やりたい」と思えることだけをする


これだけです(・∀・)

簡単でしょーヽ(*・ω・)人(・ω・*)ノ

その「楽しい」「やりたい」と思えることが実際の願望と全く関係なくても、それが願望を実現するための選択肢のひとつであると感情ナビが知らせてくれているんです。

その中で思わぬ不運な出来事があったとしても、願望の達成には関係ありません。

周囲の人の反対や、環境の変化などなど…

何かしら自分にとって都合の悪い出来事があったとします。

でもそれは、願望の達成に関係ない。

誰かが反対しようと、自分の心の中で夢を持ち続け達成を目指すことは誰にも邪魔をする権利のない自由です。

まーそれが犯罪とかアンモラルなものだったら反対されても仕方ないさ?

でも普通の健全な夢だったら、例えそれが他人にとっては「無理」と思えるものでも、自分が好きなものに反対する権利も何の責任もない。

私も旦那さんには「美大?はいはい、老後な!」って言われてばっかですけど、気にしない。

いつか必ずみんなが賛成して応援してくれて、心から楽しんで通える時期がくるって信じてます。

まあ今すぐ通いたいのですが、それが老後になるのならそれでもいいよw



そんなわけで今日の成功談ご紹介。

ギタリストのマック・オールさん。

以下こちらのサイトより転載

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

偉大なミュージシャンたちは、若い頃から音楽を始める。

しかし、65歳のギタリスト、マック・オールさんがギターを始めたのは、45歳のときだった。「ずっと、車の修理工場で仕事をしながら、ラジオを聞いていたんだ。すごくいい曲があって、それで、質屋に行って、ギターとアンプを買ってきた。それからは、どこに行くにもギターを持っていった。釣りに行くときも、昼も夜も一緒だった。妻がうるさいって言うから、家では風呂で練習したんだ」

 3年間の猛練習の末、オールさんは有名ミュージシャンのアメリカ全土やヨーロッパのツアーに同行し、4枚のCDをリリースするまでになった。「こんな日が来るなんて、思いもしなかったよ」とオールさんは言う。

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

猛練習…とはありますが、オールさんは単純に「ギターが楽しかった」から、ずーっと弾き続けて、それが猛烈な上達に繋がったのではないでしょうか。

人間が成長しなくなるのは、それまでの経験から自分の上限を決めてしまうらかだそーです。

だったら自分の上限なんて考えないで、子供のころのように好きなこと、楽しいことに素直になってそれをめいっぱい楽しめれば、それでいいんじゃないかな☆

これで大事なのは「今楽しめる範囲」という部分です。

やることが結果的に面倒なものやシンドイものになったら、それは間違った道を歩んでいるという証拠です。

10年後楽しい人生を歩んでいる自分になりたいのなら、今の自分も楽しい方が絶対にいいはずです。

だって10年後になったらそれも「今」になるのですから、未来というのは今の積み重ねです。

楽しい今を積み重ねることが、未来の楽しい今に繋がっていると私は思います☆


感情のナビに敏感になり「あーこれたのしー!」「これやりたい!」と思えることだけをする。

これが夢を実現するための道を歩んでいる証なのですよん!