読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由でたのしい毎日

引き寄せの法則をかんたんに、おもしろおかしくやってみる方法を書いています。(旧引いたタロットカード解釈します)

引き寄せの法則★エイブラハムその6 他人の思考は自分に影響しない

引き寄せ系読書感想 引き寄せ系読書感想-エイブラハムシリーズ

マヤ暦で人類滅亡まであと2日!!!!

NASAに電話する人が殺到しているようですが

「ダメだ…NASAは俺達に何か隠している…何を聞いても落ち着いてとしか言われない…!!」

「な、なんだって…!?一体何を隠しているんだ…!」



とか言う会話が繰り広げられていないかと期待しています。

ごきげんよう皆様。

アメリカでは終末の日は家族と過ごすように…と21日をお休みにした粋な会社もあるとか。

素晴らしいですね!

ぜひ日本も落ち着いてないでもう少しMMR的に盛り上がって、21日を休みにして4連休にしませんか?

4連休に!!!








エイブラハムとの対話も終盤です。
これまでだいたいの人が引き寄せの法則を知った時に気になるであろう疑問の大半はエイブラハムに明記されていたと思います。

所で引き寄せの法則の本やサイトを見るとよく出てくる「波動」という言葉。
私、コレ、好きじゃないのね。
あやしい感じがしてw

という事で友達と自然と「波紋」と呼ぶようになりました。

波紋を指先に集中することで油が垂れ流されているヌルッヌルの平な壁をも手と足だけで登れるようになるのが引き寄せの法則です。

口に含んだワインもカッターのように飛ばすことも可能です。

まあ呼び名は何だっていいのよね。
自分から滲み出している何かって事で。

頭絞ってにじみ出てきた緑の液体=波動=波紋

じーっと見てると何だか光ってるはずです!

そういう感じです(・∀・)


所でエイブラハムに書かれていた引き寄せの法則に関する三つの重要な事項は以下のとおりです。

★引き寄せの法則→何を望むかをシンプルに決める

★意図的な創造→望むことに思考を向け続ける

★許容し、可能にする→実現することを信じて待つ

この3つのステップです。

どの引き寄せの法則の本でも共通してる項目ですね☆

エイブラハムの本の素晴らしい所は、これらのことについて「目安」が明確に説明されていることです。

そうは言ってもいつになったら届くのよ!
私の願いは佐○で配送されてんの?
今日ずっと家にいたのにインターホンも鳴ってないけど不在票入ってたよ!!
(私の実体験です…)

っていう時ありますよね。


またこの3つのステップの中で一番重要なことは「許容し、可能にする状態」だと強く説明しています。

しかしながらこの実現するかどうかの「目安」がわからないと、「本当に実現するのだろうか」と不安になることで「許容し、可能にする状態」ではなくなってしまうのですね。

また、エイブラハムで説明されているのは、誰しも自分が思考を持ち、それがよいと選択し、今現在に至るという事です。

(個人的に大災害とか凄惨な事件の被害に遭っている方にまで当てはめるつもりはありませんので、ある程度平和な人生を歩んでいる人という前提で聞いてくださいね)

そして、その他人の思考は自分に影響しないし、自分の思考は他人に影響しないというのがエイブラハムでは明確にされていました。

例えば誰かが「あんたなんて一生痩せないわよ」とネガティブな言葉を浴びせてきたとしても、その言葉ひとつで自分が一生痩せない呪縛にかかるわけではありません。
即座に「他人の言う事は関係ない。私はスマートでバランスのとれた健康的な肉体を維持するんだ」と、自分の理想に思考を向ければそれだけでOKです。

ただ自分が他人の言葉を受けて「どうせ私なんて一生デブなんだ」と思えば、デブのままでいることでしょう…

大事なのは他人の言葉ではなく、何がどうであろうと自分の思考を自分の望むものに向け続けることです。

他人が何をしようが何を言おうが、自分の思考が自分の望むものに当たってさえいれば、必ずそれは実現します。

例えば私は通いたい大学があるのですが、だいたいその話をすると「まあ子どもが大学卒業してからにして」とか「そんなの出てどうすんの。仕事ないよ」とか否定されますwww
タロットさんですら「現実見ろよ」みたいなカード出すんですよ…(´・ω・`)

でも私が自分の望みに思考を当てていれば、必ずそのうち実現するんです。
他人にいくら「無理だ」「無駄だ」と言われても、自分が諦めず思考を向けていれば、必ずチャンスにめぐり合えるのです。

大事なのは「自分の思考」これだけ。
他人は全く自分に影響せず、自分が思考を向けたことは実現すると信じる。

反対に他人が自分で思考を向けたことも自分で創造し続けています。
他人の人生は他人の人生で、自分が心配したり干渉したりするものでもないし、幸せかどうか辛いかどうかは本人が判断し選ぶことです。

そうした他人の選択の自由、思考の自由を許容することも「許容し、可能にする状態』になるために必要だそうです。

これを勘違いして「嫌いなあいつを認めて好きになれって事?」って私も当初思ったのですが、そうじゃないです。

嫌いな人は嫌いで構いません。

でもその人は自分で思考を向けて自分の人生を選択し創造している、ただそれだけの存在だし、その人が嫌いだろうが何だろうが、自分は自分の望む方向に思考を向ければ全く関係ないというだけなんです。

まあ。早い話、嫌いなヤツのことは嫌いでいいから必要以上に気にするな!
あと話していて面白くねーやつとはなるべく話をするな!

自分が望まない事の話を聞いても「うちには関係ないファンタジー」くらいに思っておいて、自分は望む方向に思考を向けていれば、望む方が実現するだけ。

そして、話していて楽しくなかったりネガティブな気持ちになるのは、感情ナビが自分の思考と反対の行動をしている自分に警笛を鳴らしている証拠です。

ネガティブな感情を抱いたら、即座に思考がどこを向いていたか見直して、改めて望む方に思考を向けましょう♪

そして話していてネガティブになる人とはなるべく話さない方がいいです。
話していて楽しくなるような人間関係に思考を向ければ、自然にそこは改善されて自分の望むタイプの波紋を出している友人がオーバードライブしてきます。

引き寄せの法則に過去は関係なく、「願った瞬間」が作用点です。

過去にどれほどネガティブだったとしても、今この瞬間に「私は○○になる」と望むことを願えば、その方向に向ってぎゅーーーん!と進みだすのです☆


ということで…

望みたい事をシンプルに決め、そこに意図的に思考を向け、あとは実現を楽観して毎日なるべく楽しい方に思考が向くようにしていればOKって事です。

そしてそれに対して他人はどんな行動・言葉であろうと自分の引き寄せの法則に影響を及ぼすことはないので、何があっても安心して望む方に思考を向けてねって事でしたん(・∀・)