読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由でたのしい毎日

引き寄せの法則をかんたんに、おもしろおかしくやってみる方法を書いています。(旧引いたタロットカード解釈します)

引き寄せの法則★エイブラハムその4 作用点

引き寄せ系読書感想 引き寄せ系読書感想-エイブラハムシリーズ

思考を向け、実現を許可したものが実現する。
それが引き寄せの法則。

ただそれだけの法則。


最近ふと思ったんです。

数年前、私は仕事で人事部にいて採用と新人教育を担当していました。
でも私は人と接するのが好きじゃないし、ビール3本飲んだくらいにテンションあげないと研修なんてできませんでした。

そしてブラックゆえに新人が入社後すぐに辞めたいと相談に来ても日本酒5合飲んだテンションにあげて説得し離職を抑制することが苦痛でした。
やめたいならどーぞどーぞ!って思ってるんですけど、上の人にとめろって言われてますからね…。

それで疲れて疲れて、誰とも話さない、気をつかわない、そしてマネジメントされる側で誰かに管理されてパソコンに向うだけの気楽な仕事していたい…って思っていたんです。

今まさにその通りヽ(゚◇゚ )ノ

唯一の辛い点は、誰とも話したくないと願ったとおり、平均年齢60歳くらいでそもそも話し相手が存在しないというところですwww


ところで実現の許可とは、それが実現することをとくに疑わない事です。

例えばSAW
とか見て、

「ジグソウやべええええ!!!あの馬の顔のやつ家にいたらやべええええ!!!こええええ!!腕きれてるきれてるあーーいてえええええ!!」

ってなるけれど、見終わった後に「これは映画だから実現するものではない」と、とにく気にしなくても普段そう思ってるわけですね。

でもたまたまニュースで、その映画と似たような内容の事件を見て、自分も実際にああなってしまったらどうしよう…と実現する可能性に思考を向けていくと、そうした恐ろしい事が実現しているという情報が自分の元に引き寄せられ、よりその恐怖に対して、実現をリアルに怖れていくようになります。

こんなにたくさん恐ろしい事件があるのだから、いつ自分が被害者になってもおかしくないんだ…

みたいな感じで、どんどん思考が強化され実現に近づいていってしまうのです。

題名に書いた作用点は、これで言う所の「実現する可能性に思考を向ける」という部分で、これをターニングポイントに変化が起きていきます。

実現する可能性に思考を向ける…って言ってるけど、要するに

「こうなればいいなぁ〜о(ж>▽<)y ☆

って程度でOKです☆


で、その変化と言うのは先ず、引き寄せたいことに関する情報がどんどん自分の元に集まってきて、それを見ているうちにどんどん自分の思考が具体的になり感情も同時に強まっていきます。

例えば「アメリカのディズニーランドに行きたい♪」と思考を向けるとします。

最初は「行きたいな♪」程度だったのが、友達が突然行ってその様子や写真をブログやSNS、twitterにアップし、それを見ることで自分の旅行してる様子がより具体的に浮かぶようになったりすることがあるでしょう。

また、たまたま買い物したお店でアメリカのディズニーランドに行ける懸賞を行っていたり、いつも読んでいる雑誌で特集をしていたり・・・等、一見偶然に思えるようなことですが、自分の元にどんどん引き寄せたい事の情報が集まり、より具体的に自分がアメリカのディズニーランドに行く姿を想像できるようになります。

上記のことにより、具体的に自分が旅行してる様子が浮かび、より強いわくわくするような楽しい感情を抱くことが、実現まで加速している状況だそうです。

自然と集まるのを待たなくても、自分で集めるのもいいでしょう。

ここでのポイントは、加速している時ほど望むものに思考を集中させることだそうです。

そこで予算とか見て「やっぱりダメだぁ…(´д`lll)」ってなってしまいそうな時は、そういうマイナス思考になる元には一切目を向けず、目を向けたら楽しくなることだけに集中しましょう。

マイナスになることを何とかしようとしないで、さっと目を反らして、楽しい事だけ考えるのがコツです。
どのアトラクションに乗ろうかとか、どの素敵なホテルに泊まろうとか、ディズニー以外はどこにいこうナドナド・・・楽しめることだけ考えましょう。


でね、これって全部自分の脳内の妄想の話なんです。
いくら都合の良い事ばかり妄想しても自分が楽しいだけで、他の誰にも関係のない世界のことなんです。

想像して楽しい事があるならば、どんどん自分にとって都合がよく楽しい部分だけを見続けて妄想しちゃいましょ!

それが実現するときは、まるっと全てうまくおさまって自然と無理なくスムーズにさらっと実現しちゃうんですからヘ(゚∀゚*)ノ 





引き寄せの法則 エイブラハムとの対話