読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由でたのしい毎日

引き寄せの法則をかんたんに、おもしろおかしくやってみる方法を書いています。(旧引いたタロットカード解釈します)

引き寄せの法則★エイブラハム その2

引き寄せ系読書感想-エイブラハムシリーズ 引き寄せ系読書感想

エイブラハムとの対話



エイブラハムが思ったよりおもすろい!!!!!
ってまだ半分も読んでないんだけど…

エイブラハムとの対話はもともと引き寄せの法則を知ってる人が読むと原点回帰できて、なおかつ引き寄せの法則をより理解できる内容だと思います。

これの良い所はマーフィの法則をもとに、自分が引き寄せの法則を利用して理想の人生を過ごすためにどの位置にいるか…というのを教えてくれるところです。

そもそもエイブラハムって誰よ…って所はかなり怪しくて、著者がチャネリングしてる謎の存在なのですが、この場合おそらくチャネリングというのは表現のひとつで、必ずしも謎の存在と対話してるわけではないと思っていはいます。

そんな謎の存在エイブラハムとの対話ですが、エイブラハムの言う事は、私が今まで体験してきた引き寄せの法則成功体験と照らし合わせると最もなのです。


とりあえず今読んでる中で、参考になってることは下記のとおりです。


★感情のナビゲーションシステム

自分が良い気分でいれること=望む方向に向っている

自分が悪い気分でいること=望まない方向に向っている



超省略して簡潔に説明するとこーいう事のようです。

望む方向に向いたかったら、何か落ち込むことがあってもなるべくよい気分でいれることをしたり、考えたりすることが大切です。

例えば望むものの事を考えた方が落ち込む…という事があれば、それとは全く関係なくても楽しいことを考えたり体験することが必要です(・∀・)

楽しい気分の時に望む方向になればいいな♪と気楽に焦点を向けましょう。


★作用点

引き寄せの法則が作用するターニングポイントとなる点です。
引き寄せたい物事を想像し、それを手に入れた時の気持ちの高まりを感じることが作用点となり、引き寄せの法則を加速させます。


★望むものの体験を取り込む

自分が望むものの情報を集めます。
少しずつ自動的に望むものの情報が勝手に集まってきたりすることもあります。
毎日、自分が望むことに関する情報を見つけようと意識しましょう。

例えば、アイドルになりたいという夢があれば、アイドルのブログを読んで、まるで自分がそれを書いてる本人かのように想像し、楽しみます。

欲しい物品があれば、それを手に入れた人の感想を見て、自分が手に入れて使っていることを想像し、楽しみます。

こうして他の人の体験のお話を取り込み、自分が体験してるような気分にすることで引き寄せたい物事により強く焦点を当てる事ができ、それが作用点になるそーです。



で、私がエイブラハム読んで一番納得したのはこの引き寄せが上手くいってるかどうかの目安なんです。

引き寄せたい物事に意識を集中していると、どんどんそれに関する情報が自然とたくさん入ってきたり、似たような体験をしたり、惜しい事が起きるんです。

例えば沖縄旅行の時は周りの友達が急に沖縄に行く人が増えたり、ルンバの時は手に入りそうで入らないチャンスが何回かありました。

これが自分の意識が望む方向を見ていて、近づいてるという目安になるのだと思います。

この前お話した私に引き寄せの法則を教えてくれた女神的存在のお友達の結婚も願ったら、急激に結婚が決まる知人が増えました。

こうしてじわじわ自分に実現が近づいてくる感じですね(・∀・)


すぐに実現するわけではなく、こうしてじわじわ近づいてくることのメリットは「違う方向にいる」と気づいたら、そこからリカバリーできることです。

一度実現してしまったら、とくに望まないことはリカバリーするのが大変です。

ですが予め「よくない方向にいるな」と感情のナビゲーションシステムで察知することができれば、自らなるべく良い気分でいるよう切り替えて、望む方向にまた走り出す事ができるのです(`・ω・´)ゞ