自由でたのしい毎日

引き寄せの法則をかんたんに、おもしろおかしくやってみる方法を書いています。(旧引いたタロットカード解釈します)

引き寄せの法則★心の中のオカンと仲良くなる

「新党 今は一人」

って山本太郎が立ち上げたそーなんですがこのネーミングどう思いますか?

引き寄せの法則好き的観点から言えば、

「今」「一人」であることに注目

しているので、これからも一人という状態を引き寄せてしまうのではないだろうか…

「新党 これから500人」

とかにしたらよかったかもね!!!

ヒャダ☆
わたし、これで会社とか政治家のコンサルタントできちゃう?www

なんて思ってます(`・ω・´)キリッ


ところでお題の件、結論から言うと潜在意識活用のためにいつもブレーキをかけてくるのは心の中にいるオカンなのです。

例えば「彼氏が欲しい」と思いつつも恋愛することに苦手意識があるのは、心の中のオカンが

「あんたこの前も手痛く振られたのにまた男?また痛い目にあうんだからやめときな!」

って言ってるんですよ。

楽して遊んで暮らしたいなんて思おうならば、

オカンが

「あんたねぇ、そんなのできるわけないでしょ?真面目に汗かいて働いて、がんばりなさい。楽なんてしたらいけないよ!」

とか説教してくるんですよ。

多分これって過去に自分のオカンが自分に言ってきた事だと思うんですよねw

だから言ってくることは人によって違うと思うけど、心の中にオカンが住んでいて、何かと現実的だったり常識的な意見で説教してくるんです。

じゃあそのオカンの言う事って事実なんでしょうか?
本当のことなんでしょうか?

オカンは過去の経験に基づいて心配になって注意してるだけなんですよ。

「おかーさんもねえ…男に騙されたことがあってねぇ…それが年下で見た目がかわいかったのよねぇ…
だからアンタも年下の見た目がいい男には気をつけなさい!」


みたいな。

真実でも現実でも事実でもなーんでもなくて、単なるオカンが過去の経験から娘・息子が心配になり、なるべく普通にうまく生きて欲しいって思ってるだけの事なんですよ。

だから過去の失敗を繰り返さないように、嫌な経験したことや誰かから注意されたこと等を願望を持ったときに伝えてくるのです。

心の中にいた「どうせダメ」と思うネガティブなやつは、実は心の中の心配性のオカンだったのです。

「おかーさん、あのね、私大丈夫だよ。
おかーさんは私を心配してくれて年下の見た目のかわいい男はダメっていうかもしれないけど、そうじゃない男の人もたくさんいるはず。
そうじゃない?」


不安や心配が浮かんだら、こんな風におかーさんに言い聞かせてあげてくださいな。

「あんたがそこまで言うならおかーさん信じてるからな!」

って言ってもらえるかもですよ☆


ところで久しぶりに2chスレのぞいたら面白いコメントがあったので転載。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

お金で思い出したけどLOAの別の使い方をかいておきます。 
俺もしばしば「信じろ」とかいてますよね? 
ってことは、「疑う」と現実は崩壊するんです。 

もし、あなたが好ましくない現実を見ている、経験しているのなら 
「これは本当に自分が望んでいることか?」と「疑って」ください。 
疑ったものは多くの場合、自分に取ってどうでもよくなっていくはずです。 
好ましくない現実を変えようとすることは、その現実を前提として 
信じていることを強化していきます。 
「疑い」はその現実を弱体化させます。ぜひ、試してみてください。 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

「信じる」ことは実現し、その信じていることを強化していく方法。

「疑う」は崩壊させる方法。

面白い意見だなーと思いました!

私で言えば「なかなか体重が減らない」と思うことを信じてしまうと、減らない状態を継続し更に強化してしまいます。
実際してましたねw

でも「本当に減ってないの?ほんとは少しずつ肉減ってるんじゃない?おいしいものたべたら美しくなるはずじゃない?」って疑ってみることで、「体重が減らない」現実を崩壊させる…って感じですかね(・∀・)

そして実際3kg減ったわけです☆


あーこんなんやだー(`ε´)

って思うことがあれば、こんな風に疑ってバルスするのもまたひとつの手段ですね。


それではよりよいすばらしい一週間になりますようにヘ(゚∀゚*)ノ