自由でたのしい毎日

引き寄せの法則をかんたんに、おもしろおかしくやってみる方法を書いています。(旧引いたタロットカード解釈します)

【引き寄せのコレがわからない!9】ポジティブな気持ちなのに嫌な出来事を引き寄せるのは何故?

f:id:kaishaku01:20180116233635p:plain

 

沢山ある引き寄せのブログの中で一番すきで何年も前からみてます。(←超ありがとうございます!@あゆお)

昔からポジティブな気持ち、ポジティブな事を言ったら、嫌な出来事を引き寄せてしまうのですがどうしてなんでしょうか。

逆に特に意識してない時や心配事があってネガティブな気持ちの時の方が穏やかに行く時の方が多いんです。

M.iさんより

 

こんにちは。もしかしたら引き寄せに関係しないかもしれませんが質問します。
何かやろうとして、その計画を立てたり考えたりすると、出来なくなることが起きます。良いことも悪い事もです。ワクワクしながら考えていても、思わぬ事が起きて出来なくなります。
それを踏まえた上で逆手に取る事は出来ません。一体どうしてなのでしょうか。

マイナス思考なので、悪く考えすぎる傾向があって、でも実際にはそこまで悪くはならないという事がよくある気がします。

でも、楽観視すると、酷い目に合う事が多い気がします。

これらの事にも引き寄せの法則は作用しているのでしょうか?
全く関係なかったらすみません。よろしくお願いします。

つぶ太郎さんより

 

いい気分でいるのに、嫌になる出来事を引き寄せる!なんでーーーー!!!!

って本当にあるあるです!

今回募集した以外にもよく寄せられるご相談のひとつです。

 

今回同じ系統のご質問がありどちらも掲載させていただきましたが、共通するのは「楽観するよりもマイナス思考でいたほうが何故かマシ」ということです。

このシリーズをここまでお読みくださった読者の方は引き寄せの法則の原理原則がどういうことなのかを思い出していただけると、これがどういうことなのかはっきりとわかるかと思います。

これがわかれば引き寄せの法則の活用がもっと楽になり、迷いも減ります!

 

私もブログでこれまで引き寄せの法則について「いい気分でいればいい気分になる状況や出来事を引き寄せるシンプルな法則」と話しておりました。

しかし、私自身、朝一番からいい気分を心がけてウキウキしながら会社に行ったのに、朝一番からいつも嫌味なお局様に嫌な気分になるようなことを言われてテンションだだ下がり…ということはありました。

そんな経緯から私自身も「なんでよ!!!??!!????」と理不尽におもい、色々と考えてみて出した結論についてお話してみたいなと思います。

 

★結論

  • マイナス思考な性格の人が物事を楽観視しようとしても、心のどこかに不安がもやっと存在するから
  • ポジティブな発言が「マイナスなことを考えていたら嫌なことを引き寄せてしまう」という不安からであれば、余計に不安になるようなことを引き寄せてしまう
  • 何も意識していないときは気分がリラックスしている状態なのでよりリラックスできる状況を引き寄せやすい
  • 引き寄せの法則では自分以外の他人や周囲を思い通りにすることができないため、自分が嫌な気持ちになる出来事に遭遇してしまうのは仕方のないこと

 

マイナス思考の性格な方は、引き寄せの法則を活用するために「いい気分」とか「楽観する」とか「現実を無視して望む未来をイメージしワクワクする」という様々な本やブログで書かれている方法論のために、無理にポジティブになろうとしてしまう傾向があります。

無理にポジティブになろうとすることに集中力を割いてしまうと非常に精神的に疲れてしまいます。

また、自分以外のことはどうにもできないので、そこをどうにかしようとしても現実は変わらず精神的に疲れてしまうでしょう。

精神的に疲れると、さらにネガティブになってしまいます。

なのでマイナス思考の方は最悪の結果が起きるかどうかはわからなくとも、それに向けて覚悟を決めておくことによって気持ちが軽くなります。

気持ちが軽くなれば、より気持ちが軽くなることを引き寄せます。

なので、マイナス思考でいても思ったより悪い結果にはならないという状況に至るわけですね。

 

 

★解説

しつこくて申し訳ありません。引き寄せの法則で大事なのは「気分」です。

例えば、「片思いのあの人と付き合えたらいいな」と考え、デートをイメージしてワクワクしたりしても、心の奥底では「どうせうまくいかないに決まっている」「私が選ばれるわけがない」という考えがマイナス思考な性格の方はどうしてもわきあがってきてしまうのではないでしょうか。

マイナス思考な性格の場合、無理に楽観的になろうとしたり、いい気分を保とうとするよりも「不安なものは不安!」と感じてしまい、その不安をどうすれば解消できるのかちゃんと考えたほうが心の奥底からしっかりと安心することができます。

つまり、悪すぎる方向に考えすぎてしまうことで結果が悪かった場合の覚悟ができ、心の奥底から気分がラクになっているのではないでしょうか。

 

「結果が悪かったらどうしよう…」という不安があっても無視して「大丈夫!」と思い込もうとしても時々モヤモヤが鎌首をもたげるような状態になりませんか?

反対に不安に考えすぎて「結果が悪かったら悪かったで諦めよう…」と何も起きていないのに覚悟を決めたほうが気分が少しマシになること、ありませんか?

私は毎回このパターンです(笑)

 

気分が少しマシになれば、さらに気分がマシになる状況や考え方を引き寄せていくので、最終的には「思っていたほど悪くなくてよかった」とか「思っていたよりずっとよかった!」という結果になるのでしょう。

無理に楽観的になろうとしたりいい気分を保とうとするよりも、自分のマイナス思考に向き合うことで、自分を安心させることができると私は思っています。

というか、これまでずっとマイナス思考で生きてきたので、その対処法を自分がよくわかっているっていう感じかもしれませんね。

どうしようもない不安に苛まれても、どうすれば自分の気持ちが落ち着くのかよくわかっている。でも無理に楽観的に考えることは性格に合っていないから、疲れちゃう。

つまりマイナス思考だからって引き寄せの法則のために性格を変えようとかいつもの考え方を変えようと無理をする必要はないのかなと思っています。

 

また、それとは別に引き寄せの法則をいくら上手に活用しても、他人や周囲を変えることはできません。

そのため他人や周囲の都合や行動・考え方が自分と合わず、嫌な目にあったり、楽しみにしていた計画の中止…ということはもうやむを得ないことなのかなと思います。

例えば、私がある日チャーハンを食べたくてワクワクして純粋に楽しみな気持ちで近所の中華料理屋さんに行ったところ、臨時休業でした。でも中華料理屋さんの都合は私がいい気分で過ごしたところで当然変えられませんよね。

しかも他のお店に行ったら半チャーハンしかなくて物足りない気分になりラーメンを食べてしまいました。しかし私がいくらワクワクしても今すぐそのお店に突然大盛りのチャーハンのメニューが増えるわけではないのです。

(夫から半チャーハン二つ頼めばよかったのにと言われて、その手があったのか…!とハッとしました)

また、例えば知り合いが引き寄せの法則の超絶達人(そんな人いるの?という疑問はおいといて…)で、何かに誘われたときに「その日は恋人と約束があるから」と断ったら、恋人との約束という予定を引き寄せ超絶達人によって変えられても困りますよね。

「ククク…俺がいい気分になりお前の予定変更を引き寄せた…これでお前の予定は俺のもの…!!」とか言われても、超怖い…。

ていうか誰なんだ引き寄せの法則の超絶達人。

  

「でもでも、いい気分でいると絶対に悪いことが起きるの!」って思われる方がもしいましたら、試しにいい気分でいたらどれだけ悪いことが起きたのか1ヶ月くらいメモをとってみてもらえたらと思いました。

本当にいい気分でいたら100%悪いことが毎回起きるなら、何か日常の過ごし方に問題があるかもしれません。それは気分だとか引き寄せとかでどうにかできるものじゃない可能性があります。

実際メモをとってみた結果「そうでもないな」と気付く可能性もありますし、そうなれば無理にポジティブになろうとしなくても自然と「あ、いい気分でいると悪いことが起きるなんて気にする程度じゃないかも」と無理なく気持ちがホッとする感じになります。

事実をちゃんと確認することは、自分の認識を変えるためにかなり有効な手段ですよ!

 

 ★まとめ

Q

ポジティブな気持ちなのに嫌な出来事を引き寄せるのは何故?

 

A

  • ポジティブな気持ちでも嫌な出来事を引き寄せるのは、自分の中にある不安を無視して引き寄せの法則のためにポジティブになろうと無理をするから
  • 普段マイナス思考な性格の人が無理にポジティブになろうとすると精神的に疲れ、疲れるとよりマイナス思考になりがち
  • マイナス思考の人は自分のマイナス思考に向き合って、最悪の結論でもいいから自分の気持ちが不安ばかり考えている時よりはマシになればそれでOK
  • 引き寄せの法則は気分が引力なので、自分で出した結論が最悪のネガティブ思考でも、気分がなんだかラクな感じがすれば、より気分がラクになる状況を引き寄せます
  • 引き寄せの法則の原理原則として「気分が引力」と「周囲や他人は変えられない」の2点だけ抑えてもらえると迷ったときにどうすればいいかが見えてくるはず

 

 

 

面白い!と思っていただけたら、ぽちっと応援お願いいたします! 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村

 

おしらせ 

★引き寄せの法則に関するお仕事のご依頼はこちらをご覧ください

お仕事情報 - 自由でたのしい毎日

 

★はじめましての方はこちらも読んでみてください

おすすめ記事一覧 - 自由でたのしい毎日

引き寄せ系読書感想-サラとソロモン カテゴリーの記事一覧 - 自由でたのしい毎日

はじめての引き寄せの法則、電子書籍公開しました - 自由でたのしい毎日

 

★このブログの記事や引き寄せ、タロット等ご質問はこちらまで

あゆお | ask.fm/ayuo_1

(コメント欄やメールでは質問を受け付けておりません)

 

 単行本出ました!

おつぼね! ! !

おつぼね! ! !

 

 

意識しなくても望んだものを引き寄せる体質になる練習法を7つ書きました

引き寄せ体質になる練習: 「気がついたら叶っていた!」が当たり前になる

引き寄せ体質になる練習: 「気がついたら叶っていた!」が当たり前になる

 

 

「 私にはできない」から、「私ならできる!」に変われる方法をまとめました

【引き寄せのコレがわからない!8】今の幸せにフォーカスしたら今のまま変わらないのでは?

f:id:kaishaku01:20180116233635p:plain

 

あけましておめでとうございます。
引き寄せについて疑問が湧いてきたところ、ちょうど素敵な企画がございましたので応募させていただきます。(これが新年初引き寄せかなと少し嬉しくなりました)

 

引き寄せではよく、

  • ラジオの周波数を合わせるのと同じように、幸せの波動に気持ちを合わせる
  • 今いるところのいいところを見つけて、その場で幸せを感じていくとより良い現実が引き寄せられる

というような言い回しを見かけるのですが、どこを読んでも「今の幸せ」に着眼することでさらなる(今と違った)幸せを引き寄せられる理屈がよくわかりません。

先ほどのラジオの喩えで言えば、「今の幸せ」の周波数に合わせたら「今の幸せ」で固定されてしまう気がするのです。

この思考のせいで、今のままで変わらないのではないかと怖くてなかなか今の幸せに注目する決心がつかず、ああなればいいのにという思考ばかりしてしまいます。

なんとなくではわかっているのですが、どうも理屈面も納得できないと安心して今を楽しむことができない性分のようなので、この質問に答えが出たら次の段階に進めそうな気がして居ます。

多分私の読解力やイメージ力の不足でこのように思ってしまっているので、わかりやすく解説をいただけら幸いだと思います。

 

ののさんより

 

「今の幸せ」に着眼したら今の幸せで固定されてしまうのでは?という不安、私にもありました!

例えば「今の会社のいいところ」を探して、今の会社に満足してしまったら、今の会社に居続けることになるのでは?やめたいのに…?と、悩んでいました(笑

そこで満足を感じるということは、神様に「ここで大丈夫です!」って言い張っているような気がしておりました。

 

でも実はこれも引き寄せの法則の原理原則を理解していればハッキリしますので、これまでの回答と内容がかぶるところもあるかと思いますが改めて回答させていただきたいと思いました。

 

★結論

今幸せを感じていれば、常に「今幸せ」と感じる状態を引き寄せるのが引き寄せの法則です。

自分が「今幸せ」と感じて満ち足りた状態が現状維持なのか、何か変化が起きた状態なのかは人それぞれですが、引き寄せた未来が「ああ幸せ…」って感じている状態になることは間違いありません。

ただ、そもそも人間って年をとるし、社会も日々変化するし、今の幸せにフォーカスしようがしまいが変わらない状態っていうのはありえないと思います。

変わるにしても良い流れに乗るのか、望まぬ流れに乗ってしまうのか…というのが波動とか周波数で説明されている部分だと思います。

 

引き寄せの法則は感情が引力です。何に着眼しているかは実は関係なくて、「今幸せ」と感じることができれば、未来にも「今幸せ」という状態を引き寄せます。

今幸せと感じることの他に、今不満が多かったり、変わってほしいこと、叶えたいことがあると、それが叶ったらまた「今幸せ」という気持ちになりますよね。

 

周波数の例えでお話すると、感情が周波数なので、「幸せ」「不満」「不安」「楽しい」「わくわく」「イライラ」みたいな色々な周波数の上を移動しながら暮らしているような感じだと思います。

イライラの周波数で過ごすということは、イライラの道を直進しているような感じです。イライラすることばかりが起きる道みたいな感じですね。

幸せの周波数で過ごすということは、幸せの道を直進していますので、幸せ!と感じることばかりが起きる道を歩いている状態です。

 

自分が幸せ!と感じることばかりが起きる道を歩いていたら、「今のままで不満」ということにはならないのです。でも今の不満に注目してしまうと、不満を感じることが起きる道を歩いてしまうため、不満に注目したほうが今と変わらない状況を引き寄せ続けることになるのではないでしょうか。

ただ決して不満を考えてはいけないということではありませんので、詳しくは解説の方で書いてみたいと思います。

 

★解説

黒があるから白がより白く見えるように、不満があるから理想が生まれます。

これを引き寄せの法則の解説では「コントラスト」と言われることがあります。

 

引き寄せの法則を活用して理想の暮らしや理想の異性とのお付き合い・結婚を実現したいなら、現状の不満というのは非常に大事な要素になってきます。

日頃自分が不便な思いをするからもっと便利になったらいいのになと思って日用品を購入したりしますし、多くの人が不便や不満を感じるからサービスや商品が改善されより良いものが生み出されますよね。

この世界はみんなの「こうなったらいいな」で日々改善され続けて今があります。

 

例えば私は会社勤めがしんどくて人間関係に疲れて不満をたくさん抱えていたからこそ、それを解決するために「家で自分の好きなことで仕事したい!」という望みがうまれ、叶えることができました。

今在宅で仕事をするようになり2年目で、大成功!みたいなことはとくにありませんが、細々と仕事は増え、毎日仕事については何の不満もなくめちゃくちゃ楽しいです。

仕事以外では子供のママさん方の人間関係に疲れてファ〜ってなってますけどね(笑

 

不満な部分のことばかりを考えるとイライラしてしまいがちですよね。そうなると引き寄せの法則的には不満を感じることばかりが起きる道を突き進んでしまう方向にいるということになります。

「今幸せ」ならいつまで経っても「今幸せ」なので、未来の自分は今と変わっている可能性はじゅうぶんにあります。

ですが、「今不満」なら、いつまで経っても「今不満」なので、現状悩んでいる不満から抜け出せていない状況を引き寄せる可能性がありますよね。

 

もし「今を変えたい!」と思うなら、不満とセットで理想を思い浮かべて、その理想を叶えるための一歩を小さなものでもいいから踏み出すことが「不満ばかり起きる道」に止まらない秘訣です。

小さな一歩でもいいので理想を叶えるために何かすることができたり、自分にできることを見つけると希望を感じることができます。すなわち「希望」という周波数に合わせている状態ですね。

 

★まとめ

  • 望みが現状維持なら「今幸せ」と感じることで今の幸せに固定されることもある
  • 望みが現状から何か変わってくれることなら、今から「今幸せ」を感じることで、未来に「あの頃から変わって今幸せ!」という状況を引き寄せる
  • 周波数=道と置き換えるとわかりやすいかも
  • 今本当に満足しているものに目をむけつつ、不満のある部分は「こうなったらいいな」という理想を思い浮かべて、叶えるために今の自分でもできることに取り組むことが、変化を引き寄せるコツです
  • というか叶えるために自分が何でもいいから取り組めたら、変わらないわけがない!

 

※今できることから取り組むということについて難しく考えてしまう方が多いので電子書籍にまとめております 

 

 

面白い!と思っていただけたら、ぽちっと応援お願いいたします! 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村

 

おしらせ 

★引き寄せの法則に関するお仕事のご依頼はこちらをご覧ください

お仕事情報 - 自由でたのしい毎日

 

★はじめましての方はこちらも読んでみてください

おすすめ記事一覧 - 自由でたのしい毎日

引き寄せ系読書感想-サラとソロモン カテゴリーの記事一覧 - 自由でたのしい毎日

はじめての引き寄せの法則、電子書籍公開しました - 自由でたのしい毎日

 

★このブログの記事や引き寄せ、タロット等ご質問はこちらまで

あゆお | ask.fm/ayuo_1

(コメント欄やメールでは質問を受け付けておりません)

 

 単行本出ました!

おつぼね! ! !

おつぼね! ! !

 

 

意識しなくても望んだものを引き寄せる体質になる練習法を7つ書きました

引き寄せ体質になる練習: 「気がついたら叶っていた!」が当たり前になる

引き寄せ体質になる練習: 「気がついたら叶っていた!」が当たり前になる

 

 

「 私にはできない」から、「私ならできる!」に変われる方法をまとめました

【引き寄せのコレがわからない!番外編1】結局引き寄せって何なの?

f:id:kaishaku01:20180116233635p:plain

 

引き寄せのコレがわからない!にお答えするために質問をなんども読んで自分なりの答えを探して書いています。

そうして考えているうちに引き寄せの法則について2つの結論を見つけました。

 

  1. 引き寄せの法則で引き寄せるものはチャンスであり、それをどう受け取るかが自分次第
  2. 引き寄せの法則を上手に活用するために、嫌な気持ちをいかに落ち着かせるかが肝心

 

ちょっと長くなりそうなので、1から詳しく解説してみますね。

 

1.引き寄せるものはチャンス

引き寄せることに成功した!と言われて想像することは、奇跡的だったり棚ぼた的に望んでいたものを手にいれるという状況ではないでしょうか。

しかし、自分の今までの経験を顧みても、私が引き寄せたものは奇跡や棚ぼたではなく、全てが『チャンス』だったと思います。

そのチャンスを受けるかどうかが自分次第で、受けても失敗することもあれば、やっぱ無理と思ってあとでお断りするようなこともあります。

 

例えば「恋人ほしいな」と思っていた時に、そんなに好みじゃないけど気の合う男友達から告白されたということが起きたら、それは恋人をつくるチャンスを引き寄せたということになります。

この時に自分には「断る」「付き合ってみる」「ちょっと考えてから…」等の選択肢があって、どれを選ぶかが自分次第だと思うんです。

引き寄せの法則がよくわからないという方は、こうした「チャンスは来たけど、ちょっと違う」という状況に対して「引き寄せがうまくいっていない」と考えがちだと思いました。

しかし、引き寄せの法則で引き寄せるものがチャンスであれば、これは引き寄せが成功していると言えると思います。

引き寄せの成功=どんな小さなきっかけでも望みを叶えるチャンスを見つけること

だと思いました。

そして、そのチャンスをどうするか自分で決断することが受け取ることなのかなと。

この例でご説明すれば、『付き合う=受け取る』じゃないの?と思われるかもしれませんが、ここ最近引き寄せの質問を読んで考えてみて実はそうじゃないと考えるようになりました。

好みじゃない男友達からの告白に対して、好みじゃないけど付き合ってみてもいいし、好きでもないのに付き合うのは失礼だと思って断ってもいいし、少し考えてから結論を出したいと思っても、どの選択肢でも自分が決断することが受け取るということ。

 

ただどう受け取ったら正解なのかわからないから悩んじゃうんですよね。

でも正解かどうかって実際受け取ってみないとわからないんです。想像はつくけど、実際どうなるかはわからない。

例えば転職で最初は「理想の会社だ!」と思って応募して採用されて大喜びしたのに、入ってみたら「あれ…なんか違う…」みたいなことってあると思うんですよね。

恋人だって出会った頃はキラキラ輝いて理想そのものだったのに、気がついたら「なんかこの人ちょっと違うな…」と感じるようになり、価値観や考え方の違いがストレスになって気持ちが冷めていくということもあると思います。

反対に、第一志望ではないけど面接の雰囲気がよく採用されたからその会社に決めたら案外仕事が自分に合っていて毎日が楽しくなったということもあれば、最初はそんなに好みじゃなかったけど相手の熱意に負けて付き合いはじめたらどんどん好きになってしまったということもあるでしょう。

 

 

そもそもエスパーじゃない限り未来予知はできませんしね!(笑

どうしたら極力正解を選べるのだろうかと考えてみましたが、私の場合、正解は自分で納得する答えを見つけて決断することでした。

自分が納得して心がどこか落ち着いた感じになって「うん、それがいい」って感じられる答えが決まるまで考えることを大事にしたいなと思いました。考えている間はめちゃくちゃネガティブになって「もう生きるのがつらい」ってなったとしても、自分にとって納得のいく答えを見つけたことはだいたいうまくいっています。

 

質問にもあったんですが、好みの異性を電車で見かけるというのも引き寄せたチャンスのひとつです。声をかけることもできるし、声をかける勇気がないから見るだけと思ってもいい、妄想の中でまた彼と会ってしまおうとムフフしてもいい。どう受け取るかが自分次第。

私なら、声をかける勇気がないから妄想の中でまた彼と会おうグヒョフェフェフェ…って受け取り方をすると思います。

 

でも一度受け取ったら引き寄せ完了ではなく、自分が望み続ける限り引き寄せは続きまた違った形でチャンスを引き寄せ続けるのです。

電車で理想の人を見かけた!だと声をかけづらいから、もうちょっと声をかけやすい状況で理想の人と出会えたらいいなあ…と新たな望みもうまれることでしょう。

 

引き寄せがうまくいかない方の悩みって、たぶん、ある日突然棚ぼたで望みが叶った!みたいな状況が引き寄せだと思っているからなのかなと思うんです。

もちろんそういう叶い方もあり得るのですが、棚ぼただって受け取るかどうかは自分次第ですよね。

いくら5億円欲しくても、道ですれ違った知らないおじさんが「5億円あなたにあげたいのですが」と札束を出してきても、受け取れます…?

私はちょっと怖すぎて受け取れないです(笑)

もうちょっと気持ちよく受け取れる5億円がいいかなあ…。

 

最近は「仮想通貨でこんなに儲かりました!」という話が数億とか数千万単位で見かけるので、過去に見た仮想通貨の情報というのは引き寄せたチャンスのひとつだったのかもしれませんね。ただ私は金融系の知識が乏しいのでチャレンジする勇気はありませんでしたが、勉強してみてもよかったのかもしれません。

 

そう考えると、常に引き寄せるのはチャンスであって、いかに自分が掴みやすいチャンスを見逃さないかということが大事になってくるんだと思うんです。

 

ただここで過去の失敗という経験から「どうせ自分なんて何やってもダメ」と常に感じてしまっていると、チャンスを掴みにくい状態だとは思うので、そこで自己肯定感だとか自愛みたいなのが必要だと語られるのかなと思います。

でも大事なのは自己肯定感や自愛じゃなくて、チャンスを見逃さない目と、少しくらい難しそうでも掴もうとする勇気だと思います。そして不安が大きいものに無理をして手を出さない勇気も大事。

どんなにレベルの低そうなチャンスでも少しずつ掴んでいくことで、自己肯定感は勝手に高まります。だから自己肯定感が低くても、自分が嫌いでも、そこを改善しようとする集中力をチャンスを見つけて掴むことに注いでみてほしいなと思うんです。

失敗したら自分の能力不足を受け止めて、改善して再度チャンスを見つけてはチャレンジしてとやっていくしかないのかなって思うんですよね。

それこそ、自分なんて大したことできないんだから失敗して当然と思って取り組むことって自己肯定感がそんなに強くないからできることかもしれませんよね。

 

ちょっとアンテナを貼って望みが叶うことにフォーカスしたら、チャンスがどんどん引き寄せられます。

でも、ちょっと注意しないとわからないチャンスも結構多いです。

自分の望みを叶えることに関係のありそうな情報が周りに転がっていないか、誰か話していないか、アンテナを張ってみてください。

時に、いつも友人や家族とのとくに深い意味も学びもなさそうなごく普通の雑談の中やぼーっと見ているテレビ番組の中やなんとなく読んでいる雑誌に、自分の望みを叶えるための大きなヒントを得ることもあります。

 

 

 

また次回番外編2では、引き寄せを上手に活用するために気持ちを落ち着かせることの大事さと、気持ちを落ち着かせるってどういうこと?について書いていきますね。

 

あと質問はまだまだお答えする予定ですが、今ちょっと仕事が立て込んでおりますのでもう少しお待ちください!

(この記事も3日くらいかけて書きました…)

また、コメントくださる方ありがとうございます!お返事する余裕なく申し訳ありませんが、全部読んでおり、とても嬉しい気持ちでいっぱいです。

 

 

ではでは今回はこのへんで。

 

面白い!と思っていただけたら、ぽちっと応援お願いいたします! 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村

 

おしらせ 

★引き寄せの法則に関するお仕事のご依頼はこちらをご覧ください

お仕事情報 - 自由でたのしい毎日

 

★はじめましての方はこちらも読んでみてください

おすすめ記事一覧 - 自由でたのしい毎日

引き寄せ系読書感想-サラとソロモン カテゴリーの記事一覧 - 自由でたのしい毎日

はじめての引き寄せの法則、電子書籍公開しました - 自由でたのしい毎日

 

★このブログの記事や引き寄せ、タロット等ご質問はこちらまで

あゆお | ask.fm/ayuo_1

(コメント欄やメールでは質問を受け付けておりません)

 

 単行本出ました!ただいまkindle版半額です(2018年1月23日現在)

おつぼね! ! !

おつぼね! ! !

 

 

意識しなくても望んだものを引き寄せる体質になる練習法を7つ書きました

引き寄せ体質になる練習: 「気がついたら叶っていた!」が当たり前になる

引き寄せ体質になる練習: 「気がついたら叶っていた!」が当たり前になる

 

 

「 私にはできない」から、「私ならできる!」に変われる方法をまとめました